生野銀山(いくのぎんざん)

兵庫県の美景

生野銀山(いくのぎんざん)は、兵庫県朝来市に開かれていた戦国時代から近代にかけての日本有数の銀山

生野銀山(いくのぎんざん)は、兵庫県朝来市(但馬国)に開かれていた戦国時代から近代にかけての日本有数の銀山である。明治新政府が日本の鉱業(鉱山・製鉱所)の近代化を確立するために最初に官営(直轄)鉱山とした模範鉱山である