タウシュベツ川橋梁

北海道の美景

タウシュベツ川橋梁は、旧国鉄士幌線(廃線)のコンクリート製アーチ橋

よく晴れた風のない日に、湖面に橋が映ると眼鏡のように見える。またアーチ橋ということもあり、「めがね橋」の別名を持つ。古代ローマの遺跡を思わせるその姿は、周辺の景色とも調和しているとされる。第1回北海道遺産に選定された「旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群」の1つである。
2021.06.15