「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」は、2013年にUNESCOの世界遺産リストに登録された日本の世界遺産 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」(ふじさん-しんこうのたいしょうとげいじゅつのげんせん)は、2013年にUNESCOの世界遺産リストに登録された日本の世界遺産

富士山-信仰の対象と芸術の源泉」(ふじさん-しんこうのたいしょうとげいじゅつのげんせん)は、2013年UNESCO世界遺産リストに登録された日本の世界遺産である。静岡県山梨県にまたがる日本最高峰の富士山は、古来富士信仰が育まれた霊峰であるとともに、葛飾北斎富嶽三十六景などに代表される芸術上の主要な題材として、日本国内のみならず国際的にも大きな影響を及ぼした景観を形成している。

精進湖からみた大室山(手前)と富士山(奥)
スポンサーリンク

信仰の対象

富士信仰の明確な定義はないが、富士山を神体山として、また信仰の対象として考えることなどを指して富士信仰と言われる。特に富士山の神霊として考えられている浅間大神コノハナノサクヤビメを主祭神とするのが浅間神社であり、全国に存在する。浅間神社の総本宮が麓の富士宮市にある富士山本宮浅間大社(浅間大社)であり、富士宮市街にある「本宮」と、富士山頂にある「奥宮」にて富士山の神を祭っている。また徳川家康による庇護の下、本殿などの造営や内院散銭取得における優先権を得たことを基に江戸幕府より八合目以上を寄進された経緯で、現在富士山の八合目より上の部分は登山道・富士山測候所を除き浅間大社の境内となっている。登山の大衆化と共に村山修験や富士講などの一派を形成し、富士信仰を形成してきた。

富士参詣の人々を「道(導)者」といい、例えば『妙法寺記』の明応9年(1500年)の記録に「此年六月富士導者参事無限、関東乱ニヨリ須走へ皆導者付也」とある。また、登山における案内者・先導者を「先達」といい、先達の名が見える道者帳(『公文富士氏文書』、文中に「永禄6年」とあり)などが確認されている。

登山口は末代上人が開いた登山道を起源とし、登山道が完成されたそれが最初の登山道と言われる村山口である。これにより富士修験が成立したとされる。次第に他の登山道も開削されてゆき、13世紀には大宮・村山口、吉田口、須山口の3登山道の存在が確認されている。後に須走口が出来たとされる。15世紀後半には他の登山口と比べ吉田口を利用する道者が目立つようになっていたと考えられ、特に富士講の隆盛が見られた18世紀後半以降では、他の登山口の合計と同程度であったという。1883年(明治16年)に御殿場口登山道が、1906年(明治39年)に新大宮口が開削された。

神仏習合は富士山も例外ではなかった。山頂部は仏の世界と考えられるようになり、特別な意味を持つようになった。遺例としては正嘉3年(1259年)の紀年銘である木造坐像が古いとされ、これは大日堂(村山)の旧本尊であった。鎌倉時代の書物である『吾妻鏡』には神仏習合による「富士大菩薩」や「浅間大菩薩」という呼称が確認されている。富士山頂の8つの峯(八神峰)を「八葉」と呼ぶことも神仏習合に由来し、文永年間(1264年1275年)の『万葉集註釈』には「いただきに八葉の嶺あり」とある。その他多くの書物で「八葉」の記述が確認できる。

しかし、慶応4年(1868年)に神仏分離令が出されると、これら神仏習合の形態は大きく崩されることとなる。富士山中や村山における仏像の取り壊しなどが進んだ。富士山興法寺は分離され、大日堂は人穴浅間神社となり大棟梁権現社は廃されるなど改変が進んだ。北口本宮冨士浅間神社では仁王門や護摩堂などが取り壊されることとなった。仏教的な名称なども改称され、「八葉」の呼び名も変更された。

富士山本宮浅間大社第二大鳥居

世界遺産登録の経緯

登録運動の始まり

1990年代初めから、富士山をユネスコ世界遺産に登録しようという運動が活発になった。民間レベルでは富士山の世界遺産登録を目指す動きがあったが、政府も含む動向の契機としては1995年平成7年)5月19日の「富士山の世界遺産リストへの登録に関する請願」の閣議決定が挙げられる。

当初は世界遺産のうち、自然遺産への登録が検討されていたが、1995年平成7年)9月15日~18日に開催された「自然遺産富士山国際フォーラム」において、火山としての平凡性や固有種生態系の無さなどを国際自然保護連合から指摘され、結果として地元調整もつかず、環境管理(特にゴミ問題の解決)が困難なため、日本国政府は推薦を見送った。

2001年平成13年)にはユネスコ世界遺産センターと日本政府の共催で「信仰の山の文化的景観に関する専門家会議」が開催され、富士山の将来的な世界遺産登録の可能性について言及されるなどしている。また2005年平成17年)7月には山梨県・静岡県が連名にて「富士山の世界文化遺産登録についての要望書」を文部科学省文化庁に提出するなど、この時点で文化遺産としての登録を目指す方向で調整されている。

  • スポンサーリンク
    < async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

イコモス勧告から正式登録まで

2012年(平成24年)の日本政府によるユネスコ世界遺産センターへの推薦書提出からイコモスの現地調査を経て、2013年(平成25年)4月30日にはイコモス勧告が出された。イコモス勧告の内容は、同年6月にカンボジアで開かれる世界遺産委員会で富士山を文化遺産として登録するよう勧告するというものであった。また、名称を「富士山」から「富士山と信仰・芸術の関連遺産群」へと変更した。ただし、構成資産のうち三保松原を除いた上で登録すべきという条件付の勧告であった。

2012年(平成24年)12月に、三保松原を除外するよう事前要請された時点では、日本国政府は欠かせない要素として除外を拒否したが、正式な勧告でも、富士山から45 km 離れていて、山としての完全性を証明することに寄与していないという理由で、除外すべきと勧告された。これを受けて日本政府は事実誤認の訂正表を作成し、2013年(平成25年)5月にはイコモスへ送付した。

2013年6月16日よりカンボジアのプノンペンで第37回世界遺産委員会が開催され、6月22日に富士山は世界文化遺産に登録された。なお、国際記念物遺跡会議が除外すべきとしていた三保松原も含まれることとなり、世界遺産としての正式な登録名は「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」(: Fujisan, sacred place and source of artistic inspiration / : Fujisan, lieu sacré et source d’inspiration artistique)となった。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

登録後の課題

登山者数抑制案や噴火時の危機管理対策などを、2016年の第40回世界遺産委員会での保全状況(SOC)審議において確認する条件が付された上での登録となった。

世界遺産委員会開催前から世界遺産センターとイコモスによって提出された保全状況報告書の精査が進められており、三保松原における巡礼路の特定や構成資産外の巡礼路(当初構成資産候補であった鎌倉往還や江戸時代の富士講がたどった道)の特定まで求めるなど、追加要請が出されている。

登録基準

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (3) 現存するまたは消滅した文化的伝統または文明の、唯一のまたは少なくとも稀な証拠。
    • この基準は、富士山の荘厳な姿が古来富士信仰を発達させ、さまざまな芸術や自然と調和的な文化的伝統を生み出したことを伝える例証である点などに適用された。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。
    • この基準は富士山が古来、文学や絵画などの題材となってきたことや、それが描かれた浮世絵を通じて西洋の芸術にも影響を及ぼした出来事(いわゆるジャポニスム)などに対して適用された。

日本は当初、基準 (4) も挙げていたが、その適用は見送られた。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

コメント