御手洗(みたらい)は、瀬戸内海に浮かぶ大崎下島(広島県呉市)の港町 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

御手洗(みたらい)は、瀬戸内海に浮かぶ大崎下島(広島県呉市)の港町

御手洗(みたらい)は、瀬戸内海に浮かぶ大崎下島(広島県呉市)の港町1994年(平成6年)に重要伝統的建造物群保存地区として選定された(全国で38番目の選定)。

御手洗の町並み

スポンサーリンク

地理

瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の一つ、大崎下島の東端に位置する港町である。御手洗港の周りを広島県道355号大崎下島循環線が通り、その背後に向かって町屋が広がる。

北西方向に大長地区がある。東側が愛媛県今治市岡村島になり、安芸灘オレンジラインによって結ばれている。また呉市本土は安芸灘とびしま海道で結ばれているため、本州とは陸続きであると言える。

豊田郡豊町御手洗。瀬戸内海国立公園内に位置する。

ソース画像を表示

沿革

近世まで

「御手洗」の名の由来はいくつか伝承として残っている。

  • 神功皇后三韓征伐の際にこの地で手を洗った。現在天満宮にある御手洗の井戸は元々は神功皇后の御手洗井戸という伝承だった。
  • 菅原道真昌泰4年(901年)大宰府に左遷されたとき、この地に船を着け天神山の麓で手を洗い口をすすぎお祈りした。その手を洗った井戸は元々は神功皇后の伝承が主流だったが、のちに菅原道真の伝承が主流となった。その場所は天満宮として祀られ、その井戸が「菅公手洗いの井戸」として現存する。
  • 平清盛が上洛のときにこの地付近で嵐に遭遇した。清盛は手を洗い観音様に手を合わせたところ風波は止んだ。のち清盛はこれを感謝し、草庵を立て行基作の十一面観音を安置し、この地を御手洗と命名した。その草庵は満舟寺として現存する。

中世、御手洗は港ではなく民家すらなかったが、なんらかの軍事的な拠点があったと推定されている。この島はこの頃「下島(あるいは御手洗島)」とよばれ伊予国三島領(大山祇神社領)であった。伊予国河野氏に属していた来島村上氏(村上水軍)はこの地にあった「海関」で警護についていたという。室町時代後半に小早川氏がこの島を掌握するようになって以降、安芸国側となっていった。戦国時代中期、芸予諸島を掌握しようとした周防国大内氏が東から入ってきて、御手洗沖で大山祇神社大祝氏と幾度か合戦を起こしている。天正13年(1585年)四国攻めの際には加藤清正がこの地に前線基地を設けたと伝承に残り、その石垣が現存する。

ソース画像を表示

御手洗いの井戸

近代以降

こうした繁栄は、明治時代以降汽帆船の登場により風待ち潮待ちの港は必要がなくなり、そして鉄道(山陽本線)の登場により物流も変わったため、この町の存在意義はなくなり衰えていった。瀬戸内海の島嶼部(離島)であったことから、経済成長期の土地開発など無縁で、町並み風情はそのまま残されていった。港町・遊郭の町としては昭和初期までその余韻を残し、当時の“おちょろ”の様子が作品となったものが1976年映画『大地の子守歌』である。ただおちょろ自体は売春防止法施行後消えている。

行政としては、明治12年(1879年)豊田郡大長村から分立し御手洗町となり、明治22年(1889年)単独で町制施行、昭和31年(1959年)合併にに合併で豊田郡豊町に、平成17年(2005年)呉市に編入された。

この中で問題となっていったのが住民の高齢化過疎化に伴う地区の保存および防災である。1991年平成3年台風第19号により記録的な高潮被害を受けてしまったことが転機となり、地元住民により町並み保存活動が始まり国に働きかけると平成6年(1994年)重要伝統的建造物群保存地区に選定され、これを受けて同年に保存活動を展開した住民たちによる「重伝建を考える会」が発足した。そして町並み保存活動は平成27年(2015年)現在も続いている。

平成20年(2008年)には安芸灘諸島連絡架橋(とびしま海道)豊島大橋の開通により呉市本土側と橋を経由して陸続きとなった。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ソース画像を表示

町並み

特徴

元々狭い土地に埋め立てを繰り返しながら拡大していった港町であり、大小の商家・茶屋・船宿・神社仏閣に、江戸時代に整備された波止・雁木などの港湾施設、網の目のように張り巡らされた道が特徴的な町並みである。

町屋は切妻造・桟瓦葺が多く、これに明治期以降に建てられたモダン建築も点在している。江戸時代に栄えた瀬戸内海島嶼部の港町としては漆喰が多くなまこ壁をあしらった豪邸あるが、これは宝暦9年(1759年)この地を大火が襲ったことから、火事対策として普及したもの。間口の大きさで税金をかけていたため、全体的に間口は狭く奥行きが長い構造をしている。

江戸時代後期に整備された千砂子波止は、現存のものとしては日本有数の規模を誇る。それら港湾施設と、そこから浜沿いに続く船宿(旅館ではなく問屋)は、近代以前の日本の港町の姿を良く残している。

歴史の見える丘公園より。向こう側は岡村島

重要伝統的建造物群保存地区データ

  • 地区名称:呉市豊町御手洗伝統的建造物群保存地区(選定当初は「豊町御手洗伝統的建造物群保存地区」)
  • 種別:港町
  • 選定年月日:1994年7月4日
  • 選定基準:伝統的建造物群及び地割が、良く旧態を保持している
  • 面積:6.9ha

若胡子屋跡

文化

祭り

  • 御手洗の櫓祭 – 7月下旬の金・土曜日に行われる、恵比寿・天満・住吉の三社祭り

作品・ロケ地

2016年 : オランジーナ ‐ サントリー清涼飲料水CM

交通

コメント