小倉城(こくらじょう)は、福岡県北九州市小倉北区にある日本の城 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

小倉城(こくらじょう)は、福岡県北九州市小倉北区にある日本の城

小倉城(こくらじょう)は、福岡県北九州市小倉北区にある日本の城である。勝山城、勝野城、指月城、湧金城、鯉ノ城などの別名がある。

小倉城復興天守と小倉城庭園

小倉城復興天守と小倉城庭園

スポンサーリンク

概要

1569年(永禄12年)、中国地方の毛利氏が城を築いたことから始まり、高橋鑑種毛利勝信が居城した。1602年から細川忠興が約7年かけて唐造天守閣を築城し、細川氏の熊本転封の後、1632年に譜代大名である小笠原忠真が入城し、以後幕末まで小笠原氏が居城した。

1837年に失火のため天守閣が焼失し、残る城郭も1866年、第二次長州征討の混乱の中で小倉藩が自ら城を焼却した。

明治時代から第二次世界大戦中には、歩兵第12旅団や第12師団の司令部が城内に置かれた。戦後、1959年に天守閣が再建された。

復興天守

構造

本丸を中心に、南に松丸、北に北の丸、それらを囲い込むように二の丸三の丸、外郭が配された梯郭式平城であった。建物は、野面積み石垣の上に大天守と平の小天守1基、平櫓117、二重櫓16、櫓門12、狭間3271を配していた。城下は、城の東を流れる紫川を天然のとして活用し城内に町を取り込んだ総構えを採っていた。

天守

細川忠興によって建てられた天守は、4重5階の大天守と1重の小天守からなる連結式層塔型天守で、大天守は最上層の入母屋破風以外に破風が無い簡素な外観を大きな特徴としていた。最上階は、3間四方の御上段を取り囲むように東西に2間×5間と南北に1間×3間の縁側をめぐらせ、外側には戸板で覆った半間幅の内縁がせり出しており、「唐造り(南蛮造り)」と称された。この戸板は黒塗りで、下階の白漆喰塗籠とは対照的であったため、「黒段」と呼ばれていた。『倉府見聞集』には、この唐造りの構造の由来が記載されている。当代一流の茶人であり文化人であった忠興の美意識が現れた個性的で独特な外観の天守は当時他に類を見ないものであり、視察が訪れるほどの評判を呼んだ。津山城天守と高松城天守は小倉城天守を参考にしたものと伝わる。

この天守は天保8年(1837年)に失火によって御殿とともに焼失し、残った天守台には「御三階」と呼ばれる建築を建て、天守の代用としていた。

現在見られる天守は『豊前小倉御天守記』『小倉城絵巻』『延享三年巡見上使御答書』等をもとに藤岡通夫の設計考証により鉄筋コンクリート構造によって復興されたもので、6千万円の費用を掛けて1959年に完成した。

藤岡の当初案は資料考証に基づいたものであったものの、建設資金を捻出した地元商工会の「お城の恰好をよくするためには必要」という要望によって、大入母屋破風や千鳥破風・唐破風などの破風が追加されてしまったため、外観は史実と大きく異なる。

藤岡は「破風がなければ天守らしくない、ぜひ破風を付けてもらいたい、あれがなければ観光客に訴える力がない、と強硬に責められるので、仕方がなくくっつけたが、やはり本当はない方がよかった」と述べている。

小倉出身の小説家で地元の文化振興に尽力した劉寒吉は「破風のないノッペラボーの葺きおろしを特色とする天守である方が、資料的価値とともに、どんなにか観光的であったろうに」と述べている。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

本丸の空堀

大手門跡

海城としての小倉城

小倉城は海城であるが、豊臣氏政権時代から徳川氏政権初期段階において九州地方に入部した大名は海城を居城としていることが多い。豊臣政権時代に森氏が小倉城に入城した。徳川氏政権初期段階には細川氏が入城したが、細川氏はこれまた海城である豊前中津城(大分県中津市)を同時使用している。細川氏がそれ以前に居城としていた丹後宮津城京都府宮津市)も海城であり、細川氏の海城に対する執着が窺える。

交通

別名勝山城、指月城
城郭構造輪郭式平城(海城
天守構造連結式層塔型4重5階(1609年築 非現存)
連結式望楼型4重5階(1959年再 RC造復興)
築城主毛利勝信
築城年永禄12年(1569年
主な改修者細川氏、 小笠原氏
主な城主細川氏、小笠原氏
廃城年慶応2年(1866年
遺構石垣、堀、総構(含障子堀
指定文化財なし
再建造物天守、模擬櫓、庭園
位置北緯33度53分4.0秒
東経130度52分27.32秒

コメント