高尾山(たかおさん)は、東京都八王子市にある標高599mの山 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

高尾山(たかおさん)は、東京都八王子市にある標高599mの山

高尾山(たかおさん)は、東京都八王子市にある標高599m明治の森高尾国定公園及び東京都立高尾陣場自然公園に位置。東京都心から近く、年間を通じて多くの観光客や登山者が訪れる。古くから修験道霊山とされた。

Mt.takao.jpg

東から望む高尾山

スポンサーリンク

概説

関東山地秩父山地)の東縁に位置する山のひとつ。明治の森高尾国定公園に指定されており、キャンプバーベキュー植物の採取、鳥類の捕獲などが禁止されている。 2020年に東京都内で初めて 「霊気満山 高尾山〜人々の祈りが紡ぐ桑都(そうと)物語〜」として文化庁が認定する「日本遺産」に認定された

山の中腹には、文化財を有する高尾山薬王院の他、高尾山ケーブルカーを運行する高尾登山電鉄の運営によるさる園・野草園、標高500mの高所にある「高尾山ビアマウント」(ビアガーデンは夏季限定)、高尾山BBQマウント(手ぶらBBQサービスは春秋限定)などの観光施設がある。

山頂には展望台や高尾ビジターセンターがあり、全長1,697kmに及ぶ東海自然歩道の起点でもある。また、高尾山には古くから天狗が存在しているとの伝説もある。

山頂から東側は、八王子市相模原市などを中心とした関東平野の街並や、筑波山房総半島江の島まで眺めることができる。また西側は、丹沢山地富士山を見渡せる。冬至の前後数日間には、富士山の真上に太陽が沈むダイヤモンド富士を見ることができる。「八王子八十八景」にも選ばれている。

東京都心部からの交通の便が良いことに加え、ミシュラン観光ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」での3つ星評価などの影響もあり[7]、高尾山の人気が近年高まるにつれ、東側の山麓にあり高尾山の正面玄関である京王電鉄高尾線高尾山口駅の周辺で、観光施設の集積が進んでいる。

2015年、観光案内と高尾山の自然についての啓発などを目的とした博物館TAKAO 599 MUSEUM」を開設(施設名は山頂の標高599mより命名。管理者は京王エージェンシー)。また同2015年10月、京王電鉄は高尾山口駅に隣接した日帰り温泉施設京王高尾山温泉 極楽湯」を開業した。

また明治以降、高尾山薬王院の参拝客に振る舞ったのが起源のとろろ蕎麦が高尾山の名物となっている。行楽客が減少する冬季のイベントとして、京王電鉄により「高尾山の冬そばキャンペーン」が毎年開催されている。

賑わう山頂の広場

山頂標

登山

登山者数

高尾山は、東京都心から電車で約1時間という交通アクセスの良さや、良く整備されている登山道、ケーブルカーなどを使って気軽に登山できることなどから、老若男女問わず登山者数が多い。年間の登山者数は約260万人を超え、世界一の登山者数を誇る。

登山道

山頂へは登山道(自然研究路など)が整備されており、各種ルートを組み合わせて低山登山が楽しめる。なお、高尾山の標高は低いが登山口の標高も低いため、標高差は小さくはない。総じて、山頂までの所要時間は全行程徒歩で1時間半から2時間程度である。各ルートの所要時間

  • 1号路(表参道コース) – 登り1時間40分 下り1時間30分 (3.8km)
  • 2号路(霞台ループコース) – 1周30分 (0.9km)
  • 3号路(カツラ林コース) – 登り1時間 下り50分 (2.4km)
  • 4号路(吊り橋コース) – 登り50分 下り40分 (1.5km)
  • 5号路(山頂ループコース) – 1周30分 (0.9km)
  • 6号路(びわ滝コース) – 登り1時間30分 下り1時間10分 (3.3km)
  • 稲荷山コース(尾根コース) – 登り1時間30分 下り1時間10分 (3.1km)
  • スポンサーリンク
    < async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

1号路(表参道コース)

東海自然歩道にもなっている標準的な登山ルートである。リフト乗り場の北側を進み、山頂駅、薬王院、高尾山山頂に至るルート。途中に展望台の金比羅台がある。夕方、リフト、ケーブルカーの営業時間が終了した場合には、このルートを使って下山することとなる。ルートはほぼ石畳舗装されており、土に触れあいながらハイキングするようなルートではなく、車での資材運搬などにも使われるルートである。ケーブルカー山頂駅までの傾斜はきついが、その後は薬王院などを観て歩くことができる。

2号路(霞台ループコース)

ケーブルカーの山頂駅からサル山の南麓、神変堂、浄心門を経て山頂駅へ戻るルートである。

3号路(カツラ林コース)

神変堂の南側から薬王院の南側斜面をたどり山頂へ至るルートである。薬王院そのものは経由しない。終盤、尾根を直登する厳しい箇所がある。南斜面であるため、周囲は暖温帯の照葉樹林が中心だが、山頂近くではモミが密生する中間温帯林となる。

4号路(吊り橋コース)

浄心門から左(北側)に分岐するのが4号路。展望はあまり良くないが、1号路に比べ歩く人が少ないため、静かな山歩きが楽しめる。2011年(平成23年)3月現在、一部が登りのみの一方通行である。

5号路(山頂ループコース)

高尾山山頂直下を周回するルート。

6号路(びわ滝コース)

途中に琵琶滝を経由するので琵琶滝ルートと呼ぶ。沢沿いを歩くので夏、暑いときに最適なルート。ケーブルカー山麓駅南側の道路をそのまま進んで行き、保養院の手前を左に入る。序盤は楽だが、沢を詰めた後の山頂直下は階段の急登となる。途中に沢の中を飛び石づたいに登る箇所があるが、この飛び石の部分がわかりにくく、道なりに歩いてしまうと稲荷山コースに合流してしまう。ただし、このまま稲荷山コースを登って山頂直下の階段を避けるコース(稲荷山コースの項参照)もある。また、途中の琵琶滝から右手に尾根を上がり、ケーブルカー山頂駅のあたりの霞台で1号路と合流するルート(特にこの部分のみを琵琶滝ルートと呼ぶ場合もある)があるが、途中は急斜面となっている。なお、琵琶滝では有料で滝修行が体験できる。

稲荷山コース(尾根コース)

ケーブルカー山麓駅南側を流れる小川を渡る橋から取り付くルートである。高尾山の南側に伸びる稲荷山の尾根筋を歩くため、尾根の取り付き部だけ少しきつめの登りがあるが、途中標高400m付近の「あずまや」を過ぎると緩やかな登りになる。あずまやのある場所は、冬の天気が良い時期なら筑波山まで遠望できる良い展望台となっている。あずまやから先はあまりきつい箇所もないが、山頂直下には230余段の階段が待ち構えている。階段下右手に続く道(5号路の一部)が6号路と3号路を併せた道につながり、山頂へと続くので、階段を登りたくない場合は、こちらの方が少し楽。階段下左に入る道は、高尾山周回コースの5号路で、こちらは、小仏城山方向への迂回路になっている(裏側から高尾山頂に上る道もあるが、やはり階段できつい)。ケーブルカーで登って、下りにこのルートを使う人が多く、ガイドブックにも「下りに適した道」と書かれたりしているが、土がむき出しになって滑りやすい部分が何箇所かあり、また、最後には、きつい下り坂が続く。

その他ルート

路線バスを使うルートとして、

  • 高尾駅北口から〈高01〉系統「小仏」行(京王バス寺田支所が運行)
    • 「蛇滝ルート」:「蛇滝口」(歩いても30分くらい)から蛇滝を経てケーブルカー山頂駅付近に至る。
    • 「いろはの森(日影沢)ルート」:「日影」から日影沢林道を通り、登山道に分岐し「いろはの森(いろは48字を頭文字とする樹木あり)」を抜ける登山道。4号路、1号路に接続する。
    • 「小仏」から小仏峠小仏城山を経て高尾山山頂へ向かうルート
  • 高尾駅北口から〈霊園32〉系統「陣馬高原下」行(西東京バス恩方営業所が運行)

など、難度や時間設定を組み替えることができるほど良好な歩道が整備されている。

高尾山から奥

高尾山から陣馬山奥多摩三頭山になどへ向けて、奥高尾縦走路 – 笹尾根や、東海自然歩道関東ふれあいの道など、尾根筋の登山道が通っている。アクセスとしては、陣馬山側はバスの本数が少ないため、藤野駅からバスで陣馬登山口に行き、そこから陣馬山に登り、高尾山口駅に向かった方が、交通の便は良い。陣馬山へは陣馬高原下バス停から行くこともでき、バス停から登り1時間20分・下り1時間。陣馬高原下バス停までは高尾駅からバスがある。陣馬山の先の生藤山はさらにバスの本数が少ないので、こちらも、生藤山 → 陣馬山のルートで行った方が交通の便は良い。

交通

ケーブルカーの清滝駅とリフトの山麓駅は隣接し、高尾登山電鉄の公式サイトではいずれも京王の高尾山口駅から徒歩5分と紹介されている。ケーブルカーの高尾山駅とリフトの山上駅はいずれも山の中腹(標高470m付近)で、南側にある高尾山駅の方が高い。京王電鉄では自社の鉄道線と高尾登山電鉄のケーブルカーやリフトがセットで2割引になる「高尾山きっぷ」を販売し、観光客の誘致を進めている。

高尾山ICから祈祷殿駐車場までは約2km国道20号沿いの八王子市営高尾山麓駐車場や高尾山薬王院祈祷殿駐車場には、自動車が数百台駐車することができる。特に混む期間は隣駅の高尾駅駐車場にも誘導される。しかし、国道20号やこれに平行する中央自動車道は元々渋滞の激しい道路である上、初詣客が来る正月、新緑のゴールデンウィーク紅葉の秋などの繁忙期にはさらに混雑し、駐車場が見つからない危険性もあることから、八王子市では公共交通機関の利用を呼びかけている。

コメント