明通寺(みょうつうじ)は、福井県小浜市門前にある真言宗御室派の寺院 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

明通寺(みょうつうじ)は、福井県小浜市門前にある真言宗御室派の寺院

明通寺(みょうつうじ)は、福井県小浜市門前にある真言宗御室派の寺院。山号は棡山(ゆずりさん)。本尊は薬師如来大同元年(806年)、坂上田村麻呂によって創建されたと伝えられる。本堂三重塔は、建造物としては福井県内で唯一国宝に指定されている。2015年(平成27年)4月24日、「海と都をつなぐ若狭の往来文化遺産群 – 御食国(みけつくに)若狭と鯖街道 – 」の構成文化財として日本遺産に認定される。

Myotsuji and pagoda.jpg

明通寺本堂と三重塔。国宝。明通寺にて。

スポンサーリンク

歴史

「明通寺縁起」(応安7年・1374年奥書)などによれば、大同元年(806年)、北陸地方を巡行中の坂上田村麻呂が創建したとされる。地方寺院の例に漏れず、中世以前の沿革はあまり判然としていない。現存する本堂、三重塔は鎌倉時代中期、13世紀のもので、中興の祖である僧・頼禅によって復興されたものである。

ソース画像を表示

伽藍

  • 本堂(国宝)
  • 正嘉2(1258)年上棟、文永2(1265)年落成。石垣の基壇上に建つ入母屋造、檜皮葺きの建物。平面は桁行(間口)5間(14.72m)、梁間(奥行)6間(14.87m)である(「間」は長さの単位ではなく、柱間の数を表す建築用語)。屋根や隅軒の悠然とした勾配は鎌倉時代の特色を示す。正面側を全て蔀戸(しとみど)とした住宅風の外観をもつ。和様を基調としつつ、内部の構架には禅宗様の要素も取り入れている。堂内は内部空間を内陣と外陣(礼堂)に明確に区画する中世仏堂特有の構成で、寛政11(1799)年に内陣を拡張したとの記録がある。大正12年(1923年)に解体修理。昭和28年(1953年)、国宝に指定。堂内は前方の梁間3間分を外陣、後方の梁間3間分を内陣とし、両者の間は格子戸を立てて結界している。外陣は入側(建物外周から1間内側)にも1間ごとに柱が立ち、入側柱で囲まれた内側の部分は、その外側の部分よりも床高を一段高めている。内陣は左右両側を格子戸で仕切って脇陣としている。向かって右後方の脇陣はかつて堂蔵(どうぐら)と呼ばれる倉庫であった。内陣の来迎柱(須弥壇背後に立つ2本の柱)は、堂内の他の柱と柱筋が合っておらず、やや後退して立てられている。
  • 三重塔(国宝)
  • 文永7(1270)年上棟。総高22.12m。和様を基調としているが、初層に拳鼻(こぶしばな、部材の末端部に拳状の装飾彫刻を施したもの)を用いる点に大仏様(だいぶつよう)の要素が現れており、塔に拳鼻を用いた最古例とされている。初層内部は四天柱(仏壇を囲む4本の柱)が立ち、釈迦三尊像と阿弥陀三尊像を安置して仏堂風の扱いとする(心柱は初層天井裏から立つ)。柱や壁には十二天などの絵画を描くが、建立当初のものではない。天文8(1539)年と元禄15(1702)年に、それぞれ修理が行われた。明治27年(1894年)以降、屋根は瓦葺となっていたが、昭和32年(1957年)の修理の際、桧皮葺に戻された。昭和28年(1953年)、本堂とともに国宝指定。明通寺の創建1,200年を記念して、2006年4月から11月まで初層内部が一般公開された。
ソース画像を表示

所在地

  • 〒917-0237 福井県小浜市門前5-22

交通アクセス

所在地福井県小浜市門前5-22
位置北緯35度27分12.78秒
東経135度48分16.02秒
座標
山号棡山(ゆずりさん)
宗旨古義真言宗
宗派真言宗御室派
本尊薬師如来(重要文化財)
創建年伝・大同元年(806年
開基伝・坂上田村麻呂
正式名棡山明通寺
札所等小浜国宝巡り第6番
文化財本堂、三重塔(国宝)
木造薬師如来坐像、木造深沙大将立像、木造不動明王立像(重要文化財)

コメント