近江神宮(おうみじんぐう)は、滋賀県大津市に鎮座する神社 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

近江神宮(おうみじんぐう)は、滋賀県大津市に鎮座する神社

近江神宮(おうみじんぐう)は、滋賀県大津市に鎮座する神社皇紀2600年を記念して同年に相当する1940年昭和15年)に創祀された。

Omi-jingu02n4592.jpg

近江神宮滋賀県大津市

スポンサーリンク

由緒

天智天皇6年(667年)に同天皇が当地に近江大津宮を営み、飛鳥から遷都した由緒に因み、紀元2600年の佳節にあたる1940年昭和15年)の11月7日、天智天皇を祭神として創祀された。

太平洋戦争の終戦後である神道指令が発令された1945年(昭和20年)12月15日のまさにその当日に、戦後復興を祭神(天智天皇)に祈願した昭和天皇の勅旨により、同神宮は勅祭社に治定された。

例祭は大津宮に遷都された記念日の4月20日に勅使が参向して行われる。このほか主な祭典として、6月10日時の記念日の漏刻祭、7月7日(年により5日)の燃水祭、11月7日の御鎮座記念祭、12月1日(年により2日)の初穂講大祭、1月前半の日曜日のかるた祭(かるた開きの儀)などが行われる。また、日本古式弓馬術協会による武田流鎌倉派流鏑馬神事が11月3日に行われていたが、2015年平成27年)から6月第1日曜日に変更された。

日本で初めて水時計(漏刻)を設置した天智天皇を祀る神社として、1941年(昭和16年)の時の記念日(6月10日)に第1回漏刻祭が開催され例年行事となった。境内には各地の時計業者が寄進した日時計や漏刻などが設けてあり、時計館宝物館と近江時計眼鏡宝飾専門学校が境内に併設されている。

小倉百人一首 第1首目を詠んだ天智天皇

また、『小倉百人一首』の第1首目の歌を詠んだ天智天皇にちなみ、競技かるたのチャンピオンを決める名人位・クイーン位決定戦が毎年1月に行われている。このほかにも高松宮記念杯歌かるた大会・高校選手権大会・大学選手権大会なども 開催されるなど、百人一首・競技かるたとのかかわりが深い。競技かるたに取材した漫画アニメちはやふる』の舞台ともなった。

天智天皇の百人一首の歌の歌碑も設置され、柿本人麻呂高市黒人の万葉歌碑、弘文天皇(大友皇子)の御製漢詩碑、芭蕉句碑、保田與重郎の歌碑など多くの歌碑・句碑が作られている。

本殿

祭神

  • 主祭神: 天智天皇(又の御名:天命開別大神(あめみことひらかすわけのおおかみ))
  • 神徳: 時の祖神 開運・導きの大神、文化・学芸・産業の守護神

境内

  • 本殿 – 「近江造」と呼ばれる独特のもので、国の登録有形文化財に登録されている。
  • 内拝殿
  • 外拝殿
  • 内院回廊
  • 神楽殿
  • 栖松遥拝殿
  • 楼門
  • 自動車清祓所 – 旧大津裁判所本館車寄
  • 時計館宝物館
  • 漏刻
  • 古代火時計
  • 近江時計眼鏡宝飾専門学校
  • 近江勧学館

外拝殿

楼門

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

文化財

国宝

  • 崇福寺塔心礎納置品 一括 – 京都国立博物館に寄託。
    • 舎利 3粒
    • 舎利容器 一具
      • 金蓋碧瑠璃壺 1口
      • 金製内箱 1口
      • 銀製中箱 1口
      • 金銅外箱 1口
    • 瑠璃玉 一括
    • 硬玉丸玉 3顆
    • 金銅背鉄鏡 1面
    • 無文銀銭 11枚
    • 水晶粒 2顆
    • 銅鈴(残欠共) 2口
    • 金箔木片其他伴出物一切

重要文化財

  • 白磁水注(北宋時代)大津市滋賀里町字勧学堂出土東京国立博物館に寄託
  • 紙本墨画淡彩楼閣山水図 六曲屏風一双 曾我蕭白筆 – 琵琶湖文化館に寄託

手前から北神門、外透塀、外廻廊、神符授与所、楼門

交通アクセス

鉄道

自動車

コメント