鹿苑寺は、京都市北区にある臨済宗相国寺派大本山相国寺の境外塔頭 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区にある臨済宗相国寺派大本山相国寺の境外塔頭

鹿苑寺(ろくおんじ)は、京都市北区にある臨済宗相国寺派大本山相国寺境外塔頭。建物の内外に金箔を貼った3層の楼閣建築である舎利殿金閣(きんかく)、舎利殿を含めた寺院全体は金閣寺(きんかくじ)として知られる

寺名は開基(創設者)である足利義満の法号・鹿苑院殿にちなむ。山号は北山(ほくざん)。寺紋は五七桐。義満の北山山荘をその死後に寺としたものである。舎利殿は室町時代前期の北山文化を代表する建築であったが、1950年昭和25年)に放火により焼失し、1955年(昭和30年)に再建された。1994年平成6年)にユネスコ世界遺産文化遺産)「古都京都の文化財」の構成資産に登録される。

Kinkaku-ji 2015.JPG

金閣寺-舎利殿

スポンサーリンク

歴史

この地は、鎌倉時代元仁元年(1224年)に藤原公経(西園寺公経)が西園寺を建立し、併せて山荘(「北山第」)を営んでいた場所であり、以後も公経の子孫である西園寺家が代々領有を続けていた。同氏は代々朝廷鎌倉幕府との連絡役である関東申次を務めていたが、鎌倉幕府滅亡直後に当主の西園寺公宗後醍醐天皇を西園寺に招待して暗殺しようとした謀反が発覚したために逮捕、処刑され、西園寺家の膨大な所領と資産は没収された。このため、西園寺も次第に修理が及ばず荒れていった。

応永4年(1397年)、室町幕府第3代将軍足利義満河内国の領地と交換に西園寺を譲り受け、改築と新築によって一新した。この義満の北山山荘は、当時「北山殿」または「北山第」と呼ばれた。邸宅とはいえ、その規模は御所に匹敵し、政治中枢のすべてが集約された。応永元年(1394年)に義満は将軍職を子の義持に譲っていたが、実権は手放さず、北山第にあって政務を執っていた。

応永10年(1403年)の相国寺七重大塔(高さ約109メートル:日本史上で最も高い仏塔)の焼失を受け[5]、義満は当地に七重大塔(北山大塔。相国寺七重大塔と同程度の規模か)を建立した。

応永15年(1408年)に義満が死亡すると、義持は北山第に住んでいた異母弟義嗣をその生母春日局の屋敷に移し、自らここに入ったが、翌16年(1409年)には北山第の一部を破却して三条坊門第に移った。

応永23年(1416年)1月、七重大塔が落雷で焼失すると、義持はこの地に七重大塔を再建せず、再び相国寺に七重大塔を再建するよう命じている。

ソース画像を表示

雪化粧した神秘的な金閣

建築形式と間取り

鹿苑寺舎利殿(以下「金閣」と表記)の建築形式、間取り等については以下のとおりである。なお、1950年(昭和25年)に焼失する前の金閣(応永5年(1398年)頃完成)と1955年(昭和30年)に再建された金閣とでは細部に違いがあり、以下の説明は再建金閣についてのものである。

金閣は木造3階建ての楼閣建築で、鹿苑寺境内、鏡湖池(きょうこち)の畔に南面して建つ。屋根は宝形造、杮(こけら)葺きで、屋頂に銅製鳳凰を置く。3階建てであるが、初層と二層の間には屋根の出を作らないため、形式的には「二重三階」となる。初層は金箔を張らず素木仕上げとし、二層と三層の外面(高欄を含む)は全面金箔張りとする。三層は内部も全面金箔張りである(床面を除く)。初層と二層の平面は同形同大で、正面5間、側面4間とする(ここで言う「間」は、長さの単位ではなく、柱間の数を表す)。初層と二層は通し柱を用い、構造的にも一体化している[12]。三層は一回り小さく、方3間である。

金閣(北東から)

放火事件(昭和25年7月2日)からの再建

鹿苑寺金閣は国宝保存法により国宝に指定されていたが、1950年(昭和25年)7月2日未明、学僧・林承賢(当時21歳)の放火により炎上(金閣寺放火事件)。国宝金閣(舎利殿)は全焼、国宝足利義満坐像、伝運慶作の観世音菩薩像、春日仏師作の夢窓疎石像等10体の木像等も焼失した。林は寺の裏山で自殺を図ったが一命を取り留めた。彼の母親は事情聴取のために京都に呼ばれ、その帰りに保津峡で投身自殺した。この事件は三島由紀夫の小説『金閣寺』、水上勉の小説『五番町夕霧楼』・『金閣炎上』の題材にもなっている。なお、頂上にあった鳳凰及び「究竟頂」の額は火災以前に取り外されていたため、焼失を免れて現存し、このうち金銅鳳凰は1999年(平成11年)に京都市指定文化財に指定されている。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

屋上の鳳凰像

ソース画像を表示
f:id:asasikibu:20161011001412j:plain

文化財

重要文化財

  • 絹本著色足利義満像(応永十五年六月足利義持賛)・絹本著色足利義満像(義満の和歌三首あり)
  • 絹本著色達磨
  • 大書院障壁画 – 伊藤若冲筆。宝暦九年の年記がある。
    • 紙本墨画葡萄図(葡萄之間)(一之間)15面
    • 紙本墨画松鶴図(松鶴之間)(二之間)8面
    • 紙本墨画芭蕉図(芭蕉之間)(三之間)12面
    • 紙本墨画鶏及秋海棠図(四之間)11面
    • 紙本墨画竹図(狭屋之間)4面
  • 木造不動明王立像(不動堂安置) – 西園寺護摩堂旧本尊。
  • 子元祖元高峰顕日問答語 
  • 慈聖院并寿寧院遺誡

伊藤若冲の障壁画をはじめ、大部分の指定文化財は本山である相国寺が管理しており、承天閣美術館で保管されている。

国特別史跡・特別名勝

アクセス

所在地京都府京都市北区金閣寺町1
位置北緯35度2分21.85秒 東経135度43分45.71秒座標
山号北山(ほくざん)
宗派臨済宗相国寺派
寺格相国寺境外塔頭
本尊観音菩薩(方丈本尊)
創建年応永4年(1397年
開山夢窓疎石(勧請)
開基足利義満
正式名北山鹿苑禪寺
別称金閣寺
北山殿
北山第
札所等神仏霊場巡拝の道第93番
文化財世界遺産絹本著色足利義満像、大書院障壁画ほか(重要文化財
庭園(特別史跡、特別名勝
世界遺産

コメント