法隆寺(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある仏教寺院 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

法隆寺(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある仏教寺院

法隆寺(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある仏教寺院聖徳宗総本山である。別名は斑鳩寺(いかるがでら、鵤寺とも)、法隆学問寺など。

法隆寺は7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える仏教施設であり、聖徳太子ゆかりの寺院である。創建は金堂薬師如来像光背銘、『上宮聖徳法王帝説』から推古天皇15年(607年)とされる。金堂五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられる。境内の広さは約18万7千平方メートルで、西院伽藍は現存する世界最古の木造建築物群である。

法隆寺の建築物群は法起寺と共に、1993年に「法隆寺地域の仏教建造物」としてユネスコ世界遺産(文化遺産)に登録された。建造物以外にも、飛鳥奈良時代仏像、仏教工芸品など多数の文化財を有する。

Horyu-ji10s3200.jpg

法隆寺中門と五重塔は国宝。法隆寺は、奈良県斑鳩町にある聖徳宗の寺院。ユネスコ世界文化遺産『法隆寺地域の仏教建造物』の一部。

スポンサーリンク

歴史

金堂と五重塔

創建

法隆寺のある斑鳩の地は、生駒山地の南端近くに位置し、大和川を通じて大和国(現・奈良県)と河内国(現・大阪府南部)とを結ぶ交通の要衝であった。付近には藤ノ木古墳を始めとする多くの古墳古墳時代の遺跡が存在し、この地が古くから一つの文化圏を形成していたことをうかがわせる。

日本書紀』によれば、聖徳太子こと厩戸皇子(用明天皇の皇子)は推古天皇9年(601年)、飛鳥からこの地に移ることを決意し、宮室(斑鳩宮)の建造に着手、推古天皇13年(605年)に斑鳩宮に移り住んだという。法隆寺の東院の所在地が斑鳩宮の故地である。この斑鳩宮に接して建立されたのが斑鳩寺、すなわち法隆寺であった。明治時代の半ば(19世紀末頃)まで、法隆寺の西院伽藍の建物は創建以来一度も火災に遭わず、推古朝に聖徳太子の建立したものがそのまま残っていると信じられていた。しかし、『日本書紀』には天智天皇9年(670年)に法隆寺が全焼したという記事のあることから、現存する法隆寺の伽藍は火災で一度失われた後に再建されたものではないかという意見(再建論)が明治20年(1887年)頃から出されるようになった(菅政友黒川真頼小杉榲邨ら)。これに対し、『書紀』の記載は信用できず、西院伽藍は推古朝以来焼けていないと主張する学者たちもおり(平子鐸嶺関野貞ら)、両者の論争(法隆寺再建・非再建論争)はその後数十年間続いた。

銅造薬師如来像(金堂)

石田茂作らによる昭和14年(1939年)の旧伽藍(いわゆる若草伽藍)の発掘調査以降、現存の法隆寺西院伽藍は聖徳太子在世時の建築ではなく、一度焼亡した後に再建されたものであることが決定的となり、再建・非再建論争には終止符が打たれた。現存の西院伽藍については、持統天皇7年(693年)に法隆寺で仁王会が行われている(『法隆寺資財帳』)ことから、少なくとも伽藍の中心である金堂はこの頃までに完成していたとみられる。同じく『資財帳』によれば、和銅4年(711年)には五重塔初層安置の塑像群や中門安置の金剛力士像が完成しているので、この頃までには五重塔、中門を含む西院伽藍全体が完成していたとみられる。

東武ワールドスクウェアにある法隆寺西院伽藍の模型。回廊の南面に中門を配し、回廊内には東に金堂、西に五重塔を配す。これらの背後に見える入母屋屋根・単層の建物は大講堂、その手前左右にある切妻屋根・楼造の小建物は鐘楼(東)と経蔵(西)。

文化財

法隆寺献納宝物

詳細は「法隆寺献納宝物」を参照。

明治維新以後の廃仏毀釈により民衆による破壊にさらされ、さらに幕政時代のような政府による庇護がなくなった全国の仏教寺院は、財政面で困窮の淵にあった。また多くの寺院は堂塔が老朽化し、重みで落ちそうな屋根全体を鉄棒で支えるような状況に至っていた。文明開化の時代に古い寺社を文化遺産とする価値観はまだなく、法隆寺はじめ多くの寺院が存続困難となり、老朽化した伽藍や堂宇を棄却するか売却するかの選択を迫られた。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

法隆寺は、1878年(明治11年)に貴重な寺宝300件余を皇室に献納し、一万円を下賜された。この皇室の援助で7世紀以来の伽藍や堂宇が維持されることとなった。皇室に献納された宝物は、一時的に正倉院に移された後、1882年(明治15年)に帝室博物館に「法隆寺献納御物」(皇室所蔵品)として収蔵された。第二次世界大戦後、宮内省所管の東京帝室博物館が国立博物館となった際に、法隆寺に返還された4点と宮中に残された10点の宝物を除き、全てが国立博物館蔵となった。さらにその後、宮中に残された宝物の一部が国に譲られ、これら約320件近くの宝物は東京国立博物館法隆寺宝物館に保存されている。

交通アクセス

  • JR大和路線法隆寺駅下車。徒歩で20分。または奈良交通バス(72系統)で、法隆寺駅バス停→法隆寺門前バス停→徒歩1分で法隆寺南大門。
  • JR・近鉄王寺駅下車。奈良交通バス(62・63・92系統)で王寺駅北口→法隆寺前バス停徒歩3分。
  • 近鉄橿原線筒井駅下車。奈良交通バス(63・92系統)で筒井駅バス停→法隆寺前バス停徒歩3分。
  • 近鉄橿原線近鉄郡山駅下車。奈良交通バス(50・51・52・97・98系統)で近鉄郡山駅バス停→法隆寺前バス停徒歩3分。
  • 奈良交通バス奈良・西の京・斑鳩回遊ライン(97系統)春日大社本殿 – 近鉄奈良駅 – JR奈良駅-薬師寺東口 – 近鉄郡山駅 – 法起寺前 → 法隆寺前バス停徒歩3分。春日大社や奈良駅等から(へ)乗り換えずに行くことができる。ただし、本数が少なく、最終バスの時間が早いので注意[64]

拝観

  • 西院伽藍(金堂、五重塔、大講堂)、大宝蔵院(百済観音堂を含む)、東院伽藍(夢殿)の3か所は有料で拝観可。
    • 拝観券は、西院伽藍・大宝蔵院・東院伽藍の3箇所共通券が大人1500円。西院伽藍入口でのみ発券。
    • 東院伽藍だけで300円。
    • 東院伽藍の半券を西院伽藍入口で提示した場合のみ、西院伽藍と大宝蔵院の2箇所共通券1200円で発券。2箇所共通券の単独発売はしない。

西円堂・聖霊院等は無料で拝観可。その他の諸堂および子院は原則として非公開。ただし、下記の諸堂は期日を限って公開。

  • 上御堂 11月1日 – 3日開扉。西院伽藍の拝観券が必要。
  • 地蔵堂 8月24日昼の地蔵会で開扉。
  • 護摩堂 毎月28日の月例護摩で開扉。
  • 聖霊院 外陣にはいつも無料で上がれるが、本尊聖徳太子像などの諸仏は秘仏で、開扉は3月22日 – 24日のお会式と3月21日夕刻の逮夜法要のみ。ただし、内陣で本尊を拝観できるのは逮夜法要時のみ。
  • 舎利殿・絵殿 1月1日 – 3日舎利講で開扉。東院伽藍の拝観券が必要。
  • 伝法堂 7月24日夕刻の東院地蔵会で開扉。東院伽藍の拝観券が必要。
  • 律学院 3月22・23日のお会式と8月14・15日に開扉。
所在地奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
位置北緯34度36分53.06秒
東経135度44分3.02秒
座標
山号無し
宗派聖徳宗
寺格総本山
本尊釈迦如来
創建年(伝)推古天皇15年(607年
開基推古天皇聖徳太子
別称斑鳩寺
札所等南都七大寺第7番
聖徳太子霊跡第14番
神仏霊場巡拝の道第26番
大和北部八十八ヶ所霊場第50~51番
文化財金堂五重塔夢殿他(国宝
中門金剛力士像他(重要文化財
世界遺産

コメント