日光東照宮は、日本の関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

日光東照宮は、日本の関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社

日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は、日本関東地方北部、栃木県日光市に所在する神社江戸幕府初代将軍徳川家康神格化した東照大権現(とうしょうだいごんげん)を主祭神として祀る。日本全国の東照宮の総本社的存在である。また久能山東照宮上野東照宮と共に三大東照宮の一つに数えられることが多い。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」であるが、東照宮の公式サイトがホームページに「日光東照宮」と掲げており、他の東照宮との区別のために「日光東照宮」と呼ばれることが比較的多い。

隣接する仏教寺院輪王寺は、勝道による日光山開山奈良時代天平神護2年(766年)とする。その後、関東地方霊場として尊崇を集め、鎌倉幕府創始者の源頼朝からも寄進を受けた。頼朝は、母方の熱田宮司家の出身者を別当に据えて以来、鎌倉幕府関東公方後北条氏の歴代を通じて、東国の宗教的権威となっていた。こうした歴史を背景に、徳川氏は東照宮を造営したと考えられる。

輪王寺、日光二荒山神社を含めた二社一寺は、「日光の社寺」としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。JR日光駅東武日光駅にかけて門前町が形成され、参詣者や外国人を含む観光客が多く訪れる。 徳川家光が、祖父徳川家康のために作ったものである。

NikkoYomeimon5005.jpg

NikkoYomeimon

スポンサーリンク

歴史

元和2年4月17日1616年6月1日)、徳川家康駿府(現在の静岡市)で死去した。遺命によって遺骸は直ちに駿河国久能山に葬られ、同年中に久能山東照宮の完成を見たが、翌・元和3年(1617年)に下野国日光に改葬されることとなった。

日光では同年4月(4月)に社殿が完成し(作事奉行藤堂高虎が務めた)、朝廷から東照大権現の神号正一位位階の追贈を受け、4月8日(5月12日)に奥院廟塔に改葬され、家康死去の一周忌にあたる4月17日(5月21日)に遷座祭が行われた。なお、改葬の際、吉田神道山王神道のどちらで祀るかで論争となり、天海が主張した山王一実神道が採用され、薬師如来本地仏とする神仏習合によって祀られることになった。

寛永11年(1634年)には、9月(9月か10月)に3代将軍・徳川家光日光社参し、寛永13年(1636年)の21年神忌に向けて寛永の大造替が始められ、荘厳な社殿への大規模改築が行われた。総奉行(日光造営奉行)は秋元泰朝普請は、江戸はもとより大坂からも集められた宮大工たちが、作事方大棟梁甲良宗広一門の指揮の下で務めた。甲良宗広は増上寺や寛永寺の建築でも活躍した。この年には江戸に来訪した朝鮮通信使対馬藩主・宗氏の要請で日光参詣を行っており、将軍家の政治的威光にも利用されている。正保2年(1645年)に朝廷から宮号が授与されて東照社から東照宮に改称した。国家守護の「日本之神」として、翌年の例祭からは朝廷からの奉幣が恒例となり、奉幣使(日光例幣使)が派遣された。

家康が日光に祀られることになったのは、家康本人の遺言からである。金地院崇伝の日記である『本光国師日記』には「遺体は久能山に納め、(中略)一周忌が過ぎたならば、日光山に小さな堂を建てて勧請し、として祀ること。そして、八州鎮守となろう」と残されている。家康が目指した「八州の鎮守」とは、日本全土の平和の守り神でもある。家康は、不動の北辰(北極星)の位置から徳川幕府の安泰と日本の恒久平和を守ろうとしたと伝えられている。表参道を延長していくと寛永寺の旧本堂(根本中堂)につながる。

毎年の神事以外に、50年ごとに式年祭を行っており、家康没後およそ400年の2015年は式年大祭とした。

明治元年(1869年)の神仏分離により、日光は神社の東照宮・二荒山神社、寺院の輪王寺の二社一寺の形式に分立した。現在でも、東照宮と輪王寺の間で帰属について係争中の施設が一部にある(後述)。1873年(明治6年)に別格官幣社に列せられ、第二次世界大戦後は神社本庁別表神社となっていたが、1985年(昭和60年)に神社本庁を離れて単立神社となった。

なお、平成25年度から平成30年度まで(2013年2018年の期間)に小西美術工藝社により「平成の修理」が陽明門でも行われている。この修理の「三猿」の塗り直しにおいて「目がおかしい」との批判があった。

参道の先に有る高さ9mの石鳥居は日本最大の鳥居である。福岡藩の初代藩主・黒田長政によって寄進されたもので、福岡藩領内(現在の福岡県糸島市にある可也山)から海路・水路・陸路を使い15個の石を運び、積み上げて造られた。

社殿に見える動物

日光東照宮の建物には、多様な動物の木彫像が見られる。これらの動物のほとんどは平和を象徴している。眠り猫は踏ん張っていることから、実は家康を護るために寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢をしているともいわれているが、[要出典]もう一つの教えとして、裏でが舞っていても「猫も寝るほどの平和」を表しているのである。

神厩舎にはの彫刻を施した8枚の浮彫画面があり、猿がを守る動物であるという伝承から用いられている。この8枚で猿の一生が描かれており、ひいては人間の平和な一生の過ごし方を説いたものとなっている。日光の木彫像の中で眠り猫に続いてよく知られている、「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名な三猿は、この神厩舎に造られたものの1枚に過ぎない。なお、「見ざる、言わざる、聞かざる」は「幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいい」という教えであり、転じて「自分に不都合なことは見ない、言わない、聞かない方がいい」という教えにもなる。

奥社御宝塔前の三具足(燭台、花瓶、香炉)は仏教で取り入れられているものと同じであり、燭台は長寿を表す鶴と亀でできている。

日光東照宮の代表的な木彫像

「見ざる 言わざる 聞かざる」の三猿

眠り猫

眠り猫の裏面にいるたち

日光東照宮陽明門

日光東照宮の陽明門は、建物全体がおびただしい数の極彩色彫刻で覆われ、一日中見ていても飽きないということから「日暮御門」と称されている。門の名は平安京大内裏外郭十二門のうちの陽明門に由来する。陽明門は、表門から参道を進み、石段を2つ上った先に南面して建つ。門の左右は袖塀を介して東西廻廊につながる。門を入ると正面が唐門で、その先には拝殿がある。

陽明門は他の社殿と同様、寛永13年(1636年)の造替である。建築形式は三間一戸楼門で、規模は桁行(間口)が約7メートル、梁間(奥行)が約4メートル、棟までの高さが約11メートルである。

屋根は入母屋造、銅瓦葺きで東西南北の各面に唐破風を付す。正面唐破風下には後水尾天皇宸筆の「東照大権現」の勅額がある。組物は上層が三手先(みてさき)、腰組は四手先で、柱上のみでなく、柱間にも密に組物を置く詰組とする。軒は二軒繁垂木(ふたのきしげだるき)で扇垂木とする。初層の柱は円柱で、礎盤削り出しの礎石上に立つ。初層の柱間は地覆、腰貫、飛貫(ひぬき)、頭貫で固め、頭貫上に台輪(だいわ)を乗せる。礎盤形の礎石、貫の多用、台輪の使用、詰組、扇垂木など、細部は禅宗様を基調とする。柱、貫などの軸部材は胡粉塗で白く仕上げ、要所に鍍金金具を嵌める。初層柱には地紋彫を施す。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

地紋彫は屈輪文(ぐりもん)の地の上に丸文を散らし、丸文の中には鳳凰孔雀、二つ牡丹などを表す。12本の柱のうち1本(背面西から2本目)のみは屈輪文が上下逆さになっており、「魔除けの逆柱」と称されている。また、建物を全て完璧に完成させるといずれ崩壊するという言い伝えから、一箇所だけわざと完璧にせず、崩壊を防ぐという意味もある。

正面全景

背面全景

文化財

建造物

国宝(8棟)

以下の5件8棟の建造物が国宝に指定されている。

  • 本殿、石の間及び拝殿(1棟)(附 銅箱入供養具9箇、旧妻戸2枚、箱入大工道具一具)
  • 正面及び背面唐門 2棟
  • 東西透塀 2棟
  • 陽明門 1棟(附 旧天井板2枚)
  • 東西回廊 2棟(附 潜門)

重要文化財(34棟)

美術工芸品

重要文化財南蛮胴具足

典拠:2000年(平成12年)までの指定物件については、『国宝・重要文化財大全 別巻』(所有者別総合目録・名称総索引・統計資料)(毎日新聞社、2000年)による。

世界遺産等

太刀 銘助真(日光助真) ※東京国立博物館にて展示。

南蛮胴具足

交通アクセス

所在地栃木県日光市山内2301
位置北緯36度45分29.03秒
東経139度35分56.25秒
座標
主祭神徳川家康
(相殿)豊臣秀吉公・源頼朝
社格別格官幣社
創建元和3年(1617年
本殿の様式権現造
例祭5月17日18日

コメント