佐渡金山、または佐渡金銀山は、新潟県佐渡島にある金鉱山・銀鉱山の総称 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

佐渡金山、または佐渡金銀山は、新潟県佐渡島にある金鉱山・銀鉱山の総称

佐渡金山(さどきんざん)、または佐渡金銀山(さどきんぎんざん)は、新潟県佐渡島にある金鉱山銀鉱山の総称である。なかでも相川金銀山(あいかわきんぎんざん)の規模が特に大きかったため、単に「佐渡金山」または「佐渡金銀山」という場合、相川のものを指す場合が多い。なお、近代以降を中心に「佐渡鉱山」または「相川鉱山」の名称も用いられる。

「史跡 佐渡金山」坑道の入口

相川金銀山のシンボル「道遊の割戸」

スポンサーリンク

概要

佐渡島には下表に示す4つの主要な金銀山を含む多くの鉱山が存在が確認されている。なかでも相川は規模が大きく、国の史跡重要文化財に指定、または重要文化的景観に選定されている遺跡や景観が多く残っていることもあり、現在では佐渡における観光の拠点ともなっている。

佐渡島内鉱石は主に銀黒(ぎんぐろ)と呼ばれる石英中に輝銀鉱および自然金の微粒子が脈状に存在するものであった。

文化財

重要文化財

  • 旧佐渡鉱山採鉱施設 3基4棟1所
    • 大立竪坑櫓(おおだてたてこうやぐら)1基
    • 大立竪坑捲揚機室(- まきあげきしつ)1棟
    • 道遊坑及び高任坑(どうゆうこうおよびたかとうこう)1所
    • 高任粗砕場(たかとうそさいば)1棟
    • 高任貯鉱舎及びベルトコンベアヤード 1棟
    • 電車車庫(機械工場)1棟
    • 間ノ山上橋(まのやまかみばし)1基
    • 間ノ山下橋 1基

重要文化的景観

  • 佐渡西三川の砂金山由来の農山村景観(2011年(平成23年)選定)

今昔物語集』に記され12世紀より砂金採取が行われていた佐渡最古の金山跡で、農山村へ移行する過程が見られる。

江戸時代の採掘中心地で佐渡奉行所が置かれた相川地区と、明治の近代化以降に中核となった北沢地区の施設(大間港含む)と京町通りの景観。

史跡

国の史跡「佐渡金銀山遺跡」に指定されているのは、「道遊の割戸」(どうゆうのわりと)、「宗大夫間歩」(そうだゆうまぶ)、南沢疏水、大立竪坑櫓、間ノ山搗鉱場(あいのやまとうこうば)などの採鉱関係の遺構遺跡佐渡奉行所跡、旧時報鐘楼、旧御料局佐渡支庁庁舎などの経営関係遺跡、また、佐渡鉱山の開発に功のあった佐渡奉行大久保長安の建てた大安寺である。2011年(平成23年)には鶴子(つるし)銀山跡を追加して「佐渡金銀山遺跡」の名称に変更された。

史跡 佐渡金山

坑道の総延長は実に約400 kmに及ぶが、そのうち約300 mが株式会社ゴールデン佐渡により観光ルートとして有料公開されている。近世に関する展示、近代以降に関する展示があり、コースが分かれている。

スタッフとしてチャールズ・ジェンキンスが勤務していた時期もあった。

  • 宗太夫坑(江戸金山絵巻コース)
    • 手掘り坑道内に、採掘風景を再現した人形が70体あまり設置されている。
    • 展示資料館
  • 道遊坑(明治官営鉱山コース)
    • トロッコなど近代以降の設備が展示されている。
    • 道遊の割戸(どうゆうのわれと)
  • ガイド付ツアー
    • 上記2つの観光ルートで公開されていない坑道を巡る。

近代鉱山施設

相川鉱山では近代の施設遺構が多く残っており、各種案内においては5つの地区に区分されている。

山の上から下に向かい作業工程が設定されており、採掘場所の大立・高任地区から、鉱石選別のための高任・間ノ山地区、選鉱や精錬のため間ノ山・北沢地区を経て、生産品を積み出す大間港まで、約3 kmにわたる生産ラインとなっていたため、遺構もこれに沿って分布する。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

北沢地区全景。手前が火力発電所と選鉱場

北沢浮遊選鉱場

高任貯坑舎(左)、高任粗砕場(右)

大間港

明治半ばに生産品の積出や物資の搬入用の港として築港され、人造石護岸や鉱車の橋梁、煉瓦倉庫など現在も遺構が多く残る。北沢地区と同様、2010年(平成22年)に広場が整備された[10]

鉱山町の景観

#重要文化的景観にも選定された町並みが周辺一帯に続いている。なかでも「京町通り」と呼ばれるメインストリート沿いに古くからの建物が並んでおり、周辺一帯地域には散策コースが設定されている。

観光施設

2019年4月に情報発信の拠点施設として県道45号佐渡一周線沿いに映像シアターや各種展示、観光案内所などを備えたガイダンス施設「きらりうむ佐渡」がオープンした。

また、国史跡「御料局佐渡支庁」の建物を活用して1956年に開館し、佐渡金銀山や相川地区の歴史民俗資料を収蔵する「相川郷土博物館」が北沢地区にある(ただし今後、廃止が予定されている。

このほか、「佐渡奉行所」の復元建物が公開されている。

イベント

  • 鉱山祭り(7月末頃)
  • 無宿人供養祭(4月第3日曜日)

コメント