神社本庁の本宗(ほんそう。全ての神社の上に立つ神社)・伊勢神宮 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

神社本庁の本宗(ほんそう。全ての神社の上に立つ神社)・伊勢神宮(いせじんぐう)

伊勢神宮(いせじんぐう)は、三重県伊勢市にある神社。正式名称は地名を冠しない「神宮」(じんぐう)であり、他の神宮と区別するために伊勢神宮と通称される。

「伊勢の神宮」、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称される。神社本庁の本宗(ほんそう。全ての神社の上に立つ神社)である。

二十二社の中の更に上七社の1社。また、神階が授与されたことのない神社の一つ。古代においては宇佐神宮、中世においては石清水八幡宮と共に二所宗廟のひとつとされた。明治時代から太平洋戦争前までの近代社格制度においては、全ての神社の上に位置する神社として社格の対象外とされた。

Naiku Ise-jingu Grand Shrine 01.JPG

伊勢神宮内宮(三重県伊勢市

スポンサーリンク

概要

伊勢神宮には天照坐皇大御神(天照大御神)を祀る皇大神宮と、衣食住の守り神である豊受大御神を祀る豊受大神宮の二つの正宮があり、一般に皇大神宮は内宮(ないくう)、豊受大神宮は外宮(げくう)と呼ばれる。内宮と外宮は離れているため、観光で内宮のみ参拝の人が多いが、まず外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされている。

広義には、別宮(べつぐう)、摂社(せっしゃ)、末社(まっしゃ)、所管社(しょかんしゃ)を含めた、合計125の社宮を「神宮」と総称する。この場合、所在地は三重県内の4市2郡に分布する(後述)。

他の多くの神社は仏教建築の影響を受け、瓦屋根や塗りの建物に変わっていったが、伊勢神宮は神明造という古代の建築様式を受け継いでいる。これは弥生時代の高床式倉庫が起源で、神へのお供え物をする特別な建物だったといわれている。

伊勢神宮は皇室の氏神である天照坐皇大御神を祀るため、歴史的に皇室朝廷の権威との結びつきが強く、現代でも内閣総理大臣及び農林水産大臣が年始に参拝することが慣例となっている。また、式年遷宮が20年に一度行われる。

祭主今上天皇の妹(上皇第1皇女子)・黒田清子大宮司小松旧侯爵家当主小松揮世久

祭神

主祭神は以下の2柱。

神宮125社

神宮が管理する宮社は125社あり、俗に「神宮125社」と呼ばれる。内訳は内外両正宮に別宮14、摂社43、末社24、所管社42。伊勢市だけでなく、度会郡大紀町玉城町度会町志摩市松阪市鳥羽市多気郡多気町の4市2郡に分布する。

  • 正宮(しょうぐう) – 皇大神宮 (内宮)豊受大神宮 (外宮)の2宮。
  • 別宮(べつぐう) – 「正宮のわけみや」の意味で、神宮の社宮のうち正宮に次いで尊いとされる。
  • 摂社(せっしゃ) – 『延喜式神名帳』に記載されている神社(正宮、別宮を除く)。定義では摂社は全て式内社となるが、戦国時代にほぼ全てが廃絶となり、江戸時代の寛永年間(1630年代)から明治初頭(1870年代)にかけて復興されたため、式内社の比定地とされる場合がある。
  • 末社(まっしゃ) – 『延暦儀式帳』に記載されている神社(正宮、別宮、摂社を除く)。
  • 所管社(しょかんしゃ) – 正宮・別宮・摂社・末社以外の神社。

正宮 内宮 鳥居

皇大神宮

文化財

国宝

  • スポンサーリンク
    < async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

重要文化財(国指定)

  • 紙本著色伊勢新名所絵歌合
  • 神宮古神宝類(明細は後出)
  • 太刀 銘吉信(附 糸巻太刀拵)
  • 太刀 銘次家
  • 太刀 銘俊忠(附 糸巻太刀拵)
  • 刀 折返銘有国
  • 毛抜形太刀
  • 古事記上巻 1冊 応永三十三年春瑜書写奥書
  • 古事記裏書 1冊 応永三十一年道祥書写奥書
  • 古文尚書 13巻 自正和元年至正和三年清原長隆伝授奥書
  • 神宮法楽和歌 16巻 霊元天皇以下歴代天皇宸翰
  • 日本書紀私記 応永三十五年髪長吉叟書写奥書
  • 日本書紀私見聞(道祥自筆本、応永三十三年抄出奥書)1冊・日本書紀私見聞(春瑜自筆本)2冊
  • 皇太神宮儀式帳残巻・等由気太神宮儀式帳
  • 度会氏系図(元徳元年十一月注進本)
  • 天養記
  • 神鳳鈔(附:神鳳鈔御巫本)
  • 氏経卿神事記
  • 氏経卿引付 7冊
  • 金銅透彫金具 – 静岡県浜松市浜北区根堅出土
  • 据台付子持はそう(「はそう」の漢字は左が「瓦」、右が「泉」)福岡市西区羽根戸出土
  • 角屋家貿易関係資料(明細は後出)
  • 渋川春海天文関係資料(明細は後出)
  • 神宮祭主職舎本館(旧慶光院客殿)- 所在:伊勢市宇治浦田

神宮祭主職舎本館(重要文化財、左奥の建物)

神宮徴古館(登録有形文化財)

所在地[ソースを編集]

交通

内宮まで

鉄道

自家用車

外宮まで

鉄道

バス

  • 三重交通「外宮前」バス停下車 (下車後徒歩すぐ)
  • 三重交通「伊勢市駅前」バス停下車 (下車後徒歩5分)

自家用車

補足事項

  • 外宮から内宮へは、徒歩で約50分(バス運行あり)。
  • 大鳥居より内にはを連れて入れない。内宮の参拝時には、大鳥居の横に位置する警備室の裏にある中型犬の犬舎で、参拝の間犬を預かってもらえる。小型犬の場合はバスケットやケージを持参すれば、その中に入れて預かってくれる。
所在地内宮(皇大神宮)
三重県伊勢市宇治館町1番地
外宮(豊受大神宮)
三重県伊勢市豊川町279番地
位置内宮:北緯34度27分18.00秒
東経136度43分30.63秒
座標
外宮:北緯34度29分14.05秒
東経136度42分10.53秒
主祭神内宮:天照坐皇大御神(天照大御神
外宮:豊受大御神
社格式内社(大)
二十二社(上七社)
神宮(近代社格超越-対象外)
創建内宮:垂仁天皇26年
外宮:雄略天皇22年
本殿の様式唯一神明造
別名伊勢神宮
札所等神仏霊場巡拝の道特別参拝
主な神事伊勢神宮の祭事を参照

コメント