奈良県の原始林・春日山原始林(かすがやまげんしりん) | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

奈良県の原始林・春日山原始林(かすがやまげんしりん)

春日山原始林(かすがやまげんしりん)は、奈良県奈良市の市街の東方に位置する原始林で約250haの広さがある。春日大社神域として古より狩猟伐採が禁止され、積極的な保護により原始性を保ってきた。奈良の景観保全上においても重要な役割を果たしており、ユネスコの世界文化遺産古都奈良の文化財」の一要素となっている。

春日山原始林

スポンサーリンク

概要

春日山春日大社の山として神聖視され、樹木伐採が841年承和8年)から禁じられてきたため、森林極相に達した原生林が広がっている。暖帯北部に属する地域であるが、暖帯南部の植物が非常に多く、繁殖もさかんである。主な樹種はナギヤマモモシイノキアラカシツクバネガシイチイガシカゴノキアオガシイスノキサカキクロバイなどである。林中には蔓性植物も多く、とくにカギカズラの群生が多い。このほかビナンカズラウドカズラテイカカズラオオイタビヤマイバラゴトウヅルフジなども多い。暖地性シダナチシダオオバノハチジョウシダヘラシダウラジロなども多い。また、このような暖地性の草木の中に温帯性のホオノキタラノキリョウブクマノミズキウリハダカエデシナノガキイモノキなどの樹木が分布錯綜しており、林相的にも興味深い[3]

市街地(奈良市)に近接して原生林が存在することは極めて珍しく、学術上の価値も高いことから1924年(大正13年)に国の天然記念物に、1955年(昭和30年)2月に特別天然記念物に指定された。また春日山の照葉樹林は国の名勝にも指定されている。1998年(平成10年)12月には古都奈良の文化財の一部として世界遺産に登録された。

鶯の滝

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

交通アクセス

ソース画像を表示
ソース画像を表示
ソース画像を表示

コメント