弘前城は、陸奥国鼻和郡(現・青森県弘前市下白銀町)にあった日本の城 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

弘前城は、陸奥国鼻和郡(現・青森県弘前市下白銀町)にあった日本の城

弘前城(ひろさきじょう)は、陸奥国鼻和郡(のち統合と外浜(青森)、西浜(十三湊)を編入で津軽郡)弘前(現・青森県弘前市下白銀町)にあった日本の城である。別名・鷹岡城高岡城江戸時代に建造された天守などが現存し国の重要文化財に指定されている。また城跡は国の史跡に指定されている。江戸時代には津軽氏が居城し弘前藩藩庁が置かれた。

ソース画像を表示
スポンサーリンク

概要

江戸時代には弘前藩津軽氏4万7千石の居城として、津軽地方の政治経済の中心地となった。城は津軽平野に位置し、城郭は本丸、二の丸、三の丸、四の丸、北の郭、西の郭の6郭から構成された梯郭式平山城である。創建当初の規模は東西612メートル、南北947メートル、総面積38万5200平方メートルに及んだ。現在は、石垣土塁等城郭の全容がほぼ廃城時の原形をとどめ、8棟の建築と現存12天守に数えられる内の天守1棟が現存する。現存建築はいずれも、国の重要文化財に指定されている(詳細は後述の「文化財」を参照)。小説家司馬遼太郎は紀行文集『街道をゆく – 北のまほろば』で、弘前城を「日本七名城の一つ」と紹介している。

ソース画像を表示

歴史・沿革

代表紋章:津軽牡丹

安土桃山時代

江戸時代

  • 1603年(慶長8年) – 為信、鷹岡に築城を開始。
  • 1604年(慶長9年) – 為信、京都にて客死し、築城は中断する。
  • 1609年(慶長14年) – 2代信枚(信牧)、築城を再開。堀越城大浦城の遺材を転用し急ピッチでの築城を行う。
  • 1611年(慶長16年) – 1年1か月で鷹岡城がほぼ完成する。
  • 1627年寛永4年) – 落雷により、鷹岡城の天守で炎上し内部の火薬に引火して大爆発、5層6階の天守、本丸御殿、諸櫓を焼失。以後、200年近く天守のない時代が続いた。
  • 1628年(寛永5年) – 鷹岡を信枚の帰依する天海大僧正が名付けた「弘前」に改称し、城名も弘前城となる。
  • 1810年文化7年) – 9代藩主津軽寧親、三層櫓を新築することを幕府に願い出て、本丸に現在見られる3層3階の御三階櫓(天守)が建てられた。
ソース画像を表示

石垣修理と天守曳家

  • 2012年(平成24年)9月 – 天守付近の本丸石垣の膨らみや天守の傾きがある事から修理の方針が決定された。今後も調査を続け、2015年夏に天守を曳家で移動させてから、2016年 (平成28年) から本格工事に着工する予定。曳家工事は西村組(弘前市)と我妻組(山形県米沢市)が担当。
  • 2015年(平成27年)
    • 8月 – 天守を持ち上げる「揚屋」工程が行われた。
    • 9月3日・4日の両日で、「一次曳屋」の作業が行われた。13日には方向転換のために25度回転させられた。
    • 10月24日、天守を仮天守台へ移動させる曳家工程が終了。
    • 12月21日:工事中、天守を見学できる展望台の一般公開が始まった。

曳家工事により移動された天守

文化財

重要文化財

  • 弘前城
    • 天守 附棟札2枚
    • 二の丸辰巳櫓 附棟札1枚
    • 二の丸未申櫓 附棟札1枚
    • 二の丸丑寅櫓
    • 二の丸南門
    • 二の丸東門
    • 三の丸追手門
    • 北の郭北門(亀甲門)
  • 弘前城三の丸東門

史跡

  • 津軽氏城跡
    • 弘前城跡

重要伝統的建造物群保存地区

弘前公園

廃城後、津軽氏が城跡を借り受け整備し、一般公開した市民公園である。現在は弘前市が所有・管理している。園内には1903年(明治36年)以降、の植樹が行われ、現在では約2,600本を数えるまでになった。弘前市は東北地方北部に位置し桜の開花時期が比較的遅く、花見に適した時期がおおむねゴールデンウィークと重なることもあり、弘前さくらまつりには日本全国から観光客が訪れる。なお、同園は日本さくら名所100選人と自然が織りなす日本の風景百選などにも選ばれている(詳細は弘前公園を参照のこと)。

一方で、植樹された桜の木々の繁茂によって堀・土塁・石垣・櫓・門などの弘前城の遺構が枝葉に隠れてしまい、見学者から見えない状態となっている。奈良大学教授で城郭考古学者の千田嘉博は「桜や木々を守り、景観を維持していくのは賛成だが、城としてのポイントが見られるよう、木々を管理するのは可能だ。景観と『国指定史跡』としての本質的価値が両立する考え方に、改めるべきではないか」と指摘している。

弘前公園の桜

交通

ソース画像を表示
別名鷹岡城、高岡城
城郭構造梯郭式平山城
天守構造不詳5層(非現存・1610年築)
御三階櫓(複合式層塔型3層3階・1810年改)
独立式層塔型3層3階(現存)
築城主津軽為信信枚
築城年1611年
主な改修者津軽寧親
主な城主津軽氏
廃城年1871年
遺構現存天守
石垣土塁
指定文化財重要文化財
(天守・辰巳櫓・丑寅櫓・未申櫓・三の丸追手門・三の丸東門・二の丸南門・二の丸東門・北の郭亀甲門)
国の史跡
再建造物二の丸東門与力番所
位置北緯40度36分28.93秒
東経140度27分49.7秒

コメント