木曽川堤とは、愛知県一宮市から江南市にわたる延長7Kmのサクラ並木 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

木曽川堤(サクラ)(きそがわづつみ(サクラ))とは、愛知県一宮市から江南市にわたる延長7Kmのサクラ並木

木曽川堤(サクラ)(きそがわづつみ(サクラ))とは、愛知県一宮市から江南市にわたる延長7Kmのサクラ並木であり、1927年(昭和2年)8月11日に国の名勝及び天然記念物の二重指定を受けたサクラの名所である。

ソース画像を表示
ソース画像を表示
スポンサーリンク

国指定の名勝・天然記念物となっている

木曽川堤防が桜並木となる。一時期桜の本数が減少したが、「二世サクラ」を植樹するなどの動きがある。ヒガンザクラ、ヤマザクラ、シダレザクラが咲きます。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

概要

愛知県岐阜県県境を流れる木曽川の、犬山市から弥富市まで続く堤防(いわゆる御囲堤)の一宮市北方町から江南市草井町までの区域の両法面に、1885年(明治18年)約1800本のエドヒガンシダレザクラと共に少数のヤマザクラが植樹されたもので、ソメイヨシノを植樹しない点が日本各地のサクラ並木に対して特徴がある。1927年(昭和2年)「木曽川堤(サクラ)」として、国の名勝、天然記念物に指定された。

ソース画像を表示
ソース画像を表示
ソース画像を表示

交通アクセス

名鉄名古屋本線尾西線名鉄一宮駅からバス光明寺下車徒歩5分

ソース画像を表示

コメント