鬼ヶ城(おにがじょう)は三重県熊野市木本町にある海岸景勝地 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

鬼ヶ城(おにがじょう)は三重県熊野市木本町にある海岸景勝地

鬼ヶ城(おにがじょう)は三重県熊野市木本町にある海岸景勝地。国の名勝(「熊野の鬼ケ城 附 獅子巖」〈くまののおにがじょう つけたり ししいわ〉)の一部である。

熊野灘の荒波に削られた大小無数の海食洞が、地震による隆起によって階段上に並び、熊野灘に面して約1.2km続いている。志摩半島から続くリアス式海岸の最南端で、これより南はなだらかな砂浜の海岸(七里御浜)へと変わる。東口から山頂へ通じるハイキングコースにはが植えられており、春には4種類の桜が次から次へと開花して長期間花見が楽しめる。

1935年昭和10年)に国の天然記念物に指定された後、1958年(昭和33年)に獅子巌が追加指定され、名勝および天然記念物「熊野の鬼ケ城 附 獅子巖」となった。ユネスコ世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年7月登録)の一部。また、日本百景に選定されている。

鬼ヶ城

鬼ヶ城の海岸

スポンサーリンク

坂上田村麻呂伝説

坂上田村麻呂桓武天皇の命を受けて、と恐れられこの地を荒らし廻っていた海賊多娥丸(たがまる)を征伐したという伝説

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

鬼ヶ城本城

室町時代(1523年頃)に有馬忠親が隠居城として山頂に築城した日本の城有馬氏はのちに堀内氏によって滅ぼされる。堀内氏は豊臣秀吉に仕え、関ヶ原の戦いまで当地を治めた。

山頂と熊野古道の松本峠を結ぶハイキングコースには3本の掘切が今でも残っている。

ソース画像を表示
ソース画像を表示
ソース画像を表示

名前からして恐ろしいイメージのある鬼ヶ城。見た目は名前にぴったりの迫力のある場所です。世界遺産、そして国の天然記念物及び名勝「鬼ヶ城」は熊野灘の荒波に削られ、1.2kmにわたり大小無数の洞窟がある凝灰岩の大岸壁です。自然が作り出した鬼ヶ城は「日本百景」や「新日本旅行地百選」に選定されています。また、日本初の征夷大将軍、坂上田村麻呂が、鬼ヶ城を根城にして鬼と恐れられた海賊「多娥丸(たがまる)」を征討したという鬼ヶ城伝説が残っています。

ソース画像を表示

交通

コメント