延暦寺は、滋賀県大津市坂本本町にあり、標高848mの比叡山全域を境内とする寺院 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

延暦寺(正字: 延曆寺)は、滋賀県大津市坂本本町にあり、標高848mの比叡山全域を境内とする寺院

延暦寺(えんりゃくじ、正字延曆寺)は、滋賀県大津市坂本本町にあり、標高848mの比叡山全域を境内とする寺院比叡山、または叡山(えいざん)と呼ばれることが多い。平安京京都)の北にあったので南都興福寺と対に北嶺(ほくれい)とも称された。平安時代初期の最澄767年 – 822年)により開かれた日本天台宗の本山寺院である。住職(貫主)は天台座主と呼ばれ、末寺を統括する。1994年には、古都京都の文化財の一部として、(1200年の歴史と伝統が世界に高い評価を受け)ユネスコ世界文化遺産にも登録された。寺紋は天台宗菊輪宝。

Enryakuji Konponchudo04n4272.jpg

延暦寺 根本中堂 (国宝), 滋賀県大津市。1642年再建。

スポンサーリンク

概要

最澄の開創以来、高野山金剛峯寺とならんで平安仏教の中心であった。天台法華の教えのほか、密教、禅(止観)、念仏も行なわれ仏教の総合大学の様相を呈し、平安時代には皇室貴族の尊崇を得て大きな力を持った。特に密教による加持祈祷は平安貴族の支持を集め、真言宗の東寺の密教(東密)に対して延暦寺の密教は「台密」と呼ばれ覇を競った。

「延暦寺」とは単独の堂宇の名称ではなく、比叡山の山上から東麓にかけて位置する東塔(とうどう)、西塔(さいとう)、横川(よかわ)などの区域(これらを総称して「三塔十六谷」と称する)に所在する150ほどの堂塔の総称である。日本仏教の礎(佼成出版社)によれば、比叡山の寺社は最盛期は三千を越える寺社で構成されていたと記されている。

延暦7年(788年)に最澄が薬師如来を本尊とする一乗止観院という草庵を建てたのが始まりである。開創時の年号をとった延暦寺という寺号が許されるのは、最澄没後の弘仁14年(823年)のことであった。

延暦寺は数々の名僧を輩出し、日本天台宗の基礎を築いた円仁円珍融通念仏宗の開祖良忍浄土宗の開祖法然浄土真宗の開祖親鸞臨済宗の開祖栄西曹洞宗の開祖道元日蓮宗の開祖日蓮など、新仏教の開祖や、日本仏教史上著名な僧の多くが若い日に比叡山で修行していることから、「日本仏教の母山」とも称されている。比叡山は文学作品にも数多く登場する。1994年に、ユネスコ世界遺産古都京都の文化財として登録されている。

また、「12年籠山行」「千日回峯行」などの厳しい修行が現代まで続けられており、日本仏教の代表的な聖地である。

なお、長野県境に近い岐阜県中津川市神坂(みさか)に最澄が817年に設けた「広済院」があったと思われる所を寺領とした「飛び地境内」がある。

境内

比叡山の山内は「東塔(とうどう)」「西塔(さいとう)」「横川(よかわ)」と呼ばれる3つの区域に分かれている。これらを総称して「三塔」と言い、さらに細分して「三塔十六谷二別所」と呼称している。このほか、滋賀県側の山麓の坂本地区には本坊の滋賀院、「里坊」と呼ばれる寺院群、比叡山とは関係の深い日吉大社などがある。境内には歴史的経緯から他宗派の管理する堂宇も存在する。

  • 三塔十六谷二別所
    • 東塔-北谷、東谷、南谷、西谷、無動寺谷
    • 西塔-東谷、南谷、南尾谷、北尾谷、北谷
    • 横川-香芳谷、解脱谷、戒心谷、都率谷、般若谷、飯室谷
    • 別所-黒谷、安楽谷

根本中堂と回廊

東塔

延暦寺発祥の地であり、本堂にあたる根本中堂を中心とする区域である。

  • 根本中堂(国宝) – 最澄が建立した一乗止観院の後身。現在の建物は織田信長焼き討ちの後、寛永19年(1642年)に徳川家光によって再建されたものである。1953年(昭和28年)に国宝に指定された。入母屋造で幅37.6メートル、奥行23.9メートル、屋根高24.2メートルの大建築である。土間の内陣は外陣より床が3メートルも低い、独特の構造になっている。内部には3基の厨子が置かれ、中央の厨子には最澄自作の伝承がある秘仏・薬師如来立像を安置する(開創1,200年記念の1988年に開扉されたことがある)。本尊厨子前の釣灯篭に灯るのが、最澄の時代から続く「不滅の法灯」である。この法灯は信長の焼き討ちで一時途絶えたが、山形県の立石寺に分灯されていたものを移して現在に伝わっている。嘉吉3年(1443年)に南朝復興を目指す後南朝日野氏などが京都の御所から三種の神器の一部を奪う禁闕の変が起こると、一味は根本中堂に立て篭もり、朝廷から追討令が出たことにより幕軍や山徒により討たれる。
  • 文殊楼(重文)[15] – 寛文8年(1668年)の火災後の再建。二階建ての門で、階上に文殊菩薩を安置する。根本中堂の真東に位置し、他の寺院における山門にあたる。
  • 大講堂(重文) – 寛永11年(1634年)の建築。もとは東麓・坂本の東照宮の讃仏堂であったものを1964年に移築した。重要文化財だった旧大講堂は寛永19年(1642年)に完成した裳階つき建築だったが1956年に放火による火災で焼失している。本尊は大日如来。本尊の両脇には向かって左から日蓮、道元、栄西、円珍、法然、親鸞、良忍、真盛、一遍の像が安置されている。いずれも若い頃延暦寺で修行した高僧で、これらの肖像は関係各宗派から寄進されたものである。
  • 法華総持院東塔 – 1980年再建。多宝塔型の塔であるが、通常の多宝塔と異なり、上層部は平面円形ではなく方形である。下層には胎蔵界大日如来、上層には仏舎利と法華経1,000部を安置する。
  • 戒壇院(重文) – 延宝6年(1678年)の再建。
  • 国宝殿 – 山内諸堂の本尊以外の仏像や絵画、工芸品、文書などを収蔵展示する。
  • 無動寺 – 根本中堂から南へ1.5キロほど離れたところにあり、千日回峰行の拠点である。不動明王と弁才天を祀っている。貞観7年(865年)、回峯行の創始者とされる相応和尚が創建した。
  • 大書院 – 昭和天皇の即位にあわせ東京の村井吉兵衛の邸宅の一部を移築したもので迎賓館として使用されている。
  • 阿弥陀堂
  • 灌頂堂
  • 八部院堂 – 790年草創、1988年再建。
  • 法然堂 – 法然が得度した功徳院の跡地にある。西山浄土宗が管理している。

文殊楼(重文)

大講堂(重文)

東塔

鐘楼

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

西塔

  • 転法輪堂(重文) – 西塔の中心堂宇で、釈迦堂ともいう。信長による焼き討ちの後、文禄4年(1595年)、当時の園城寺弥勒堂(金堂に相当し、南北朝時代の1347年の建立)を豊臣秀吉が無理やり移築させたものである。現存する延暦寺の建築では最古のもので本尊は釈迦如来立像(重文)。
  • 常行堂・法華堂(重文) – 2棟の全く同形の堂が左右に並んでいる。向かって右が普賢菩薩を本尊とする法華堂、左が阿弥陀如来を本尊とする常行堂で、文禄4年(1595年)の建築である。2つの堂の間に渡り廊下を配した全体の形が天秤棒に似ているところから「にない堂」の称がある。
  • 浄土院 – 東塔地区から徒歩約15分のところにある。宗祖最澄の廟があり、山内でもっとも神聖な場所とされている。ここには12年籠山修行の僧がおり、宗祖最澄が今も生きているかのように食事を捧げ、庭は落ち葉1枚残さぬように掃除されている。
  • 相輪橖 – 釈迦堂の北の山林にあり、青銅製で1895年(明治28年)に再建された相輪橖(重文)。
  • 瑠璃堂(重文) – 西塔地区から黒谷青龍寺(後述)へ行く途中に位置するが、現在は道路の崩壊により瑠璃堂で行き止まりとなっている。。信長の焼き討ちをまぬがれた唯一の堂といわれる。様式上、室町時代の建築である。
  • 黒谷青龍寺 – 西塔地区から1.5キロほど離れた黒谷にあり、法然が修行した場所として有名である。

転法輪堂 (釈迦堂)(重文)

常行堂(重文)

法華堂(重文)

相輪橖(重文)

文化財

国宝

  • 根本中堂(附:須弥壇及び宮殿3具)
  • 金銅経箱 – 平安時代後期の金属工芸。横川から発掘された。
  • 宝相華蒔絵経箱 – 平安時代後期の漆工芸品
  • 七条刺納袈裟、刺納衣 – 最澄が持ち帰った、唐時代の染織遺品
  • 伝教大師将来目録 – 貞元21年(805年)跋、唐の越州から最澄が将来した経典類の自筆目録
  • 羯磨金剛目録 – 最澄自筆の将来品目録、弘仁2年(811年)
  • 天台法華宗年分縁起 – 最澄筆
  • 六祖恵能伝 – 貞元19年(803年)奥書、最澄が持ち帰った、唐時代の写本
  • 伝教大師入唐牒 – 最澄の唐での通行許可書、台州牒(貞元20年・804年)と越州牒(貞元21年・805年)からなる
  • 光定戒牒(こうじょうかいちょう) – 「三筆」の一人嵯峨天皇の筆、弘仁14年(823年)

重要文化財

(建造物)

  • 根本中堂回廊
  • 大講堂(旧東照宮本地堂)
  • 転法輪堂(釈迦堂)
  • 大乗戒壇院堂
  • 瑠璃堂
  • 相輪橖(そうりんとう)
  • 常行堂及び法華堂(附:廊下)
  • 延暦寺11棟[16][17][注釈 1]
    • 文殊楼
    • 山王社
    • 浄土院伝教大師御廟(附 棟札1枚)
    • 浄土院唐門
    • 浄土院拝殿
    • 阿弥陀堂鐘楼
    • 西塔鐘楼
    • 四季講堂(附 厨子、棟札5枚)
    • 元三大師御廟拝殿(附御廟瑞垣、鳥居)
    • 横川鐘楼
    • 慈眼堂(附 厨子)(大津市坂本4丁目所在)

    他多数あり

交通

バス路線

東塔

東塔区域の最寄りのバス停は、延暦寺バスセンターである。以下の路線が乗り入れ、京都バスおよび京阪バスにより運行されている。叡山ロープウェイ比叡山頂駅を利用する場合、延暦寺バスセンター・比叡山頂停留所間はバスで約5分。

延暦寺バスセンター停留所

  • 51系統(京都バス):京都駅 行き/比叡山頂 行き(京阪出町柳経由)
  • 57系統(京阪バス):京都駅 行き/比叡山頂 行き(京阪出町柳経由)
  • シャトル系統(京阪バス):比叡山頂 行き(当停留所始発)
  • シャトル系統(京阪バス):ロテル・ド・比叡行き/比叡山頂 行き
  • シャトル系統(京阪バス):横川行き/比叡山頂 行き(西塔経由)

西塔

西塔区域の最寄りのバス停は、西塔バス停である。以下の路線が乗り入れ、京阪バスにより運行されている。

西塔バス停

  • シャトル系統(京阪バス):横川行き/比叡山頂 行き(延暦寺バスセンター経由)

横川

横川区域の最寄りのバス停は、横川バス停である。以下の路線が乗り入れ、京阪バスにより運行されている。

横川バス停

  • シャトル系統(京阪バス):比叡山頂 行き(当停留所始発、延暦寺バスセンター経由)

ケーブル

最寄り駅である坂本ケーブルケーブル延暦寺駅より徒歩10分(東塔区域まで)。

所在地滋賀県大津市坂本本町4220
位置北緯35度4分13.62秒
東経135度50分27.33秒
座標北緯35度4分13.62秒 東経135度50分27.33秒
山号比叡山
宗派天台宗
寺格総本山
本尊薬師如来
創建年延暦7年(788年
開基最澄
別称比叡山、叡山
札所等新西国三十三箇所第18番(横川中堂)
西国薬師四十九霊場第49番
播州薬師霊場特別札所
東海四十九薬師霊場特別札所
近畿三十六不動尊霊場26番(無動寺
びわ湖百八霊場第108番(横川中堂)
法然上人二十五霊場特別霊場(青龍寺
西山国師遺跡霊場客番(文殊楼)
真盛上人二十五霊場第2番(青龍寺)・第3番(浄土院)
神仏霊場巡拝の道第150番(滋賀18番)
文化財根本中堂、金銅経箱ほか(国宝)
根本中堂回廊、絹本著色天台大師像ほか(重要文化財)
世界遺産

コメント