二条城は、京都市中京区二条通堀川西入二条城町にある、江戸時代に造営された日本の城 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区二条通堀川西入二条城町(かつての山城国葛野郡)にある、江戸時代に造営された日本の城

二条城(にじょうじょう)は、京都市中京区二条通堀川西入二条城町(かつての山城国葛野郡)にある、江戸時代に造営された日本の城。正式名称は元離宮二条城(もとりきゅうにじょうじょう)。京都市街の中にある平城で、後述する足利氏・織田氏・豊臣氏・徳川氏によるものがあるが、現存する徳川氏によるものである。また、後の近代において二条城は京都府の府庁や皇室離宮として使用された。城内全体が国の史跡に指定されている他、二の丸御殿(6棟)が国宝に、22棟の建造物と二の丸御殿の障壁画計1016面が重要文化財に、二の丸御殿庭園が特別名勝に指定されている。さらに1994年(平成6年)にはユネスコ世界遺産世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されている。

徳川家康将軍宣下に伴う賀儀と、徳川慶喜大政奉還が行われ、江戸幕府の始まりと終わりの場所でもある。また、後の近代においては大正天皇即位の儀式である即位礼の饗宴場として使用された場所となった。

唐門越しに二の丸御殿を望む

唐門越しに二の丸御殿を望む

スポンサーリンク

さまざまな二条城

日本の歴史書において「二条城」と呼ばれることのあるものは複数ある。

  1. 室町幕府13代将軍足利義輝の居城。「二条御所武衛陣の御構え」。
  2. 室町幕府15代将軍足利義昭の居城として、織田信長によって作られた城。二条通からは遠く離れていた。ただし平安京条坊制の「二条」(二条大路と中御門大路(現椹木通)に挟まれた地域)には城域の南部分がわずかに含まれる。義輝の「二条御所」とともに「二条」の名を冠して呼ばれるのはこのためと考えられる。
  3. 織田信長が京に滞在中の宿所として整備し、後に皇太子に献上した邸「二条新御所」。この「二条」は二条家の屋敷跡に設けられたための呼称と考えられる。
  4. 徳川家康が京都の守護及び上洛時の宿所として造営した城。後の近代には宮内省の所管となり「二条離宮」を経て、現在の「二条城元離宮二条城)」の事である。

現存する二条城は4の城である。1と2は同じ場所に造られたが連続性はない。1を「二条城」と称した例は当時から現代に至るまで無いが2の前史としてここに紹介しておく。2と3は同じものと見る説もあるが、『信長公記』その他の史料、及び発掘結果、残存地名などを根拠として別のものとするのが現在では通説となっている。2と3について「二条城」と呼ぶのは4.が完成した江戸時代以降のことであり、4と区別する趣旨で「旧二条城」「二条古城」などと呼ばれることもある。この節では、近世以降の現在の二条城である4.の前史として1の「武衛陣の御構え」と2と3の「二条城」について略説する。

足利義昭の二条城

義輝の弟・義昭は織田信長の武力を後ろ盾として永禄11年(1568年)に上洛、将軍就任後は六条本圀寺を居所としていたが、翌12年(1569年)1月、三好三人衆による襲撃を受けた(本圀寺の変)。この時は京都にいた信長家臣団および義昭の側近らの奮戦により防戦に成功するが、この報を受けた信長はさらに防備の整った城の必要性を認識し、義昭のために築城をすることを決めた。場所は義輝の武衛陣の城のあった地を中心に北東に拡張して約400メートル四方の敷地に2重の堀や3重の「天主」を備える城郭造の邸宅とした。

信長自身が普請総奉行として現地で陣頭指揮を執り、御殿などの建築を統括する大工奉行には村井貞勝島田秀満が任じられた。建物の多くは本圀寺から移築され、さらには屏風や絵画などの什器までも本圀寺から運び込まれ、細川氏一族で分家・細川典厩家細川藤賢邸から、文字通り「鳴り物入り」で名石「藤戸石」が搬入された。築城は約70日という短期間で終え、その年の4月に義昭はここに本拠を移した。この城の石垣には京都中から集められた墓石や石仏も使われた。山科言経は「石くら」に驚嘆している。石くらとは石垣のことで、この城が初めて本格的に石垣を積んだ城であったことを示している。周辺からは金箔瓦も発掘されており急ごしらえにしては豪壮な殿舎であったと考えられている。当時は「武家御所」「武家御城」「公方様御構へ」などと呼ばれていた。なお元亀3年(1572年)3月、信長は義昭の強い勧めもあってこの城の北方、武者小路辺に自らの屋敷を着工している(未完成)。建築物を奪われることに困った本圀寺の僧侶らは松永久秀に、信長への移築中止の取り成しを頼んだが無理だと断られた。また1500人の法華信徒らが莫大な品を信長に献上し、さらに望み通りの金銭の提供も申し出て免除を請い、将軍や朝廷にも働きかけたが、信長は取り合わなかった。

ところが義昭と信長の関係は徐々に悪化し、元亀3年に義昭の信長追討令に応じた武田信玄が西上を開始し三方ヶ原の戦いで勝利を収めたのを知ると、翌天正元年(1573年)3月に義昭は二条城において信長に対し挙兵する。信長は上京の町屋を焼き払い二条城を包囲するが、城自体に対しては攻撃を控え正親町天皇の勅命を得て、和議が成立する。しかし、7月に再び義昭は宇治槇島城において挙兵する(槇島城の戦い)。この時、二条城には公家日野輝資高倉永相、義昭の側近で幕臣である伊勢貞興三淵藤英が守備のため置かれたが、織田軍に包囲されると一戦も交えず降伏した。この際に御殿などは兵士たちによって、破壊されたと伝えられる。

スポンサーリンク
< async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

この直後、槙島城の義昭も降伏し畿内から追放され、室町幕府は実質的に滅ぶことになる。二条城に残った天主や門は天正4年(1576年)に解体され、安土へ運ばれ築城中の安土城に転用された。

昭和50年(1975年)から昭和53年(1978年)まで京都市営地下鉄烏丸線建設に先立つ烏丸通の発掘調査が行われ、この信長の二条城の石垣および2重の堀の跡が確認された。この際発掘された石垣にあった石仏が京都文化博物館及び西京区の洛西竹林公園内に展示されている。また、石垣の一部が京都御苑椹木口の内側及び現二条城内に復元されている。

庭園側から見た二の丸御殿(左から大広間、式台、遠侍)

二の丸御殿の右側から「車寄(右手前)」・「遠侍」と「式台」

二の丸御殿の「大広間」(右手前)及び「黒書院」(左手奥)

庭園

二の丸庭園

別名「八陣の庭」。小堀遠州の代表作として挙げられることも多い桃山様式の池泉回遊式庭園である。池には3つの島が浮かぶ。池の中央やや北よりにもっとも大きい蓬莱島があり、その北に亀島、南に鶴島がある。亀島は亀の形に、鶴島は鶴の形に石が組まれている。蓬莱島は亀島と共に見えるアングルからは鶴の形に、鶴島と共に見えるアングルからは亀の形に石が組まれていて、常に鶴亀の一組を表現する趣向となっている。池の北西部には、二段の滝がある。池の南に広がる芝生の部分は、寛永の行幸の際には行幸御殿が建てられていた場所であり、こちら側が庭園の第1正面となる。第2正面は東(大広間)側、第3正面は北(黒書院)側という三正面式の設計である。

二の丸庭園を北西方向より。右側手前が亀島。左が蓬莱島。

本丸庭園

本丸御殿が移築された後に作庭が始まり、1896年(明治29年)に完成した洋風庭園。日本庭園と異なり、池や枯山水ではなく、芝生と植樹を中心とした回遊式の庭園である。

清流園

二の丸の北大手門付近に1965年(昭和40年)に作られた和洋折衷庭園。

文化財

世界遺産

古都京都の文化財を構成する17の遺産の1つとして、世界遺産に平成6年(1994年)12月に登録された。

国宝

  • 二の丸御殿 6棟 – 1952年(昭和27年)3月29日、文化財保護法に基づく国宝に指定。
    • 遠侍及び車寄
    • 式台
    • 大広間
    • 蘇鉄之間
    • 黒書院(小広間)
    • 白書院(御座の間)(附 附属の間、黒書院白書院間渡廊)

重要文化財

城が宮内省から京都市に移管された後の1939年(昭和14年)10月28日に上記二の丸御殿の6棟を含む24棟が国宝保存法に基づく「国宝」(旧国宝)に指定され、1944年(昭和19年)に本丸御殿4棟が追加指定された。その後、1950年(昭和25年)の文化財保護法施行に伴い、旧国宝はすべて重要文化財として指定されたものとみなされることとなった。建造物

  • 本丸御殿(旧桂宮邸)
    • 玄関
    • 御書院
    • 御常御殿
    • 台所及び雁之間
  • 二の丸御殿
    • 唐門
    • 築地
    • 台所
    • 御清所(附 廊下)
  • 本丸櫓門(附 袖塀(南方・北方))
  • 東大手門(附 多門塀(外面南方、外面北方、内面南方、内面北方))
  • 北大手門(附 多門塀(外面東方、外面西方、内面東方、内面西方))
  • 西門(附 多門塀)
  • 鳴子門(附 袖塀)
  • 桃山門
  • 北中仕切門
  • 南中仕切門
  • 東南隅櫓(附 多門塀(西方))
  • 西南隅櫓(附 多門塀(北方、東方))
  • 土蔵(米蔵、二の丸御殿北方)
  • 土蔵(北米蔵)
  • 土蔵(南米蔵)
  • 東南隅櫓北方多門塀

二の丸御殿唐門

本丸御殿玄関

現地情報

  • 所在地 – 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
  • 交通
    • 地下鉄 – 京都市営地下鉄東西線二条城前駅徒歩1分。
    • バス – 京都市営バス 9・12・50・67・101・111号系統「二条城前」バス停下車すぐ。京都市営バス 15号系統・京都バス 61・62・63・64系統「堀川御池」バス停下車徒歩2分。京都市営バス 10・93・202・204号系統「堀川丸太町」バス停下車徒歩6分。
  • 入城料 – 一般620円(二の丸御殿を観覧する場合は別途410円必要)、中高生 350円、小学生 200円
    • 二条城障壁画展示収蔵館の入館料 – 小学生以上200円(別途入城料が必要)
  • 開城時間 – 8時45分-16時(閉城17時)
    • 二の丸御殿観覧時間 – 8時45分-16時
    • 展示・収蔵館開館時間 – 9時-16時45分(受付は16時30分まで)
  • 休城日 – 年末12月29日-12月31日
    • 二の丸御殿休殿日 – 毎年12月・1月・7月・8月の毎週火曜日、1月1日-1月3日、12月26日-12月28日(当該日が休日の場合、その翌日を休城日とする)

コメント