知床(しれとこ)は、日本にある世界遺産登録地域 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

知床(しれとこ)は、日本にある世界遺産登録地域

知床(しれとこ)は、日本にある世界遺産登録地域。2005年平成17年)7月17日南アフリカ共和国ダーバンで行われた『第29回ユネスコ世界遺産委員会』で「自然遺産」登録が決まった。

知床五湖一湖と知床連山(2014年8月)

知床五湖一湖と知床連山

スポンサーリンク

概要

北海道東部に位置する知床半島は、北半球における流氷の南限とされ、流氷下のアイスアルジー(氷に付着した藻類)や流氷形成時の鉛直混合により作られる栄養塩の豊かな中層水がもたらす植物性のプランクトンの大増殖を基礎とした食物網を通して、多種多様な生物が生息・生育する地域となっている。生息するシロザケ(サケ)、カラフトマスサクラマスオショロコマが、を行き来し、これらを重要な餌資源とするヒグマシマフクロウオオワシオジロワシといった大型の哺乳類や絶滅のおそれのある猛禽類をはじめ海棲哺乳類(海獣)、海鳥など様々な生きものが生息し、北方系と南方系の野生生物が混生するなど、海域と陸域の自然環境が密接に影響し合い、多様な生物相と生物間相互作用に支えられた豊かな生態系を形成している。また、火山活動により形成された急峻な知床連山、山麓を覆う原生的な森林、切り立つ海岸断崖、多様な湿原湖沼など様々な景観が凝縮され、優れた自然美を有している。

また、遺産地域は環境省及び林野庁により各種の保護地域(遠音別岳原生自然環境保全地域、知床国立公園、知床森林生態系保護地域、国指定知床鳥獣保護区)に指定されており、自然環境の保全が担保され、原生的な自然環境が人為により破壊されることなく残されている。さらに、遺産地域内において過去に農業開拓が行なわれた岩尾別地区については、斜里町による「しれとこ100平方メートル運動」(現在の「100平方メートル運動の森・トラスト」)によって民有地を公有地化して保全し、かつての自然を復元する取組が行なわれている。

自然遺産登録の対象は、知床半島とその沿岸海域となっており、日本国内で初めて海洋を含む自然遺産の登録となった。

ソース画像を表示

遺産地域

面積:71,000 ha(陸域48,700 ha、海域22,300 ha)

  • スポンサーリンク
    < async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">

    (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

登録基準

この世界遺産は世界遺産登録基準のうち、以下の条件を満たし、登録された(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。

当時は文化遺産基準、自然遺産基準とクライテリア(登録基準)が分けられていたが[7]、2005年に2つの基準を統一することが決まり、2007年の『第31回世界遺産委員会』から適用している。具体的には、新基準の(1) – (6)は旧文化遺産基準(1) – (6)に対応しており、新基準(7)、(8)、(9)、(10)は順に旧自然遺産基準(3)、(1)、(2)、(4)に対応している。(1) – (6)のクライテリアに1つ以上適用されれば文化遺産、(7) – (10)のクライテリアに1つ以上適用されれば自然遺産、いずれかのクライテリアに1つ以上適用されれば複合遺産となる。

岩尾別川

フレペの滝

カムイワッカ湯の滝

カムイワッカの滝

世界自然遺産のクライテリア

  • 「地形・地質」
    • 過去の生命の歴史や地球の歴史の証拠となるような、重要な地形・地質等がよくあらわれている地域
  • 「生態系」
    • 現在も進行中の生物の進化や生物群集の見本となるような、極めて特徴のある生態系を有する地域
  • 「自然景観」
    • ひときわすぐれた自然美をもった自然現象や景観を有する地域
  • 「生物多様性」
    • 絶滅危惧種の生息地や、生物多様性の保全上最も重要な生物が生息・生育する地域

知床が該当したクライテリア(登録基準)

  • クライテリア(ⅸ)(旧基準では(ⅱ))「生態系」
    • 知床は北半球で最も低緯度に位置する季節海氷域であり、季節海氷の形成による影響を大きく受け、特異な生態系の生産性が見られるとともに、海洋生態系と陸上生態系の相互関係の顕著な見本である。
  • クライテリア(ⅹ)(旧基準では(ⅳ))「生物多様性」
    • 知床は多くの海洋性及び陸上性の種にとって特に重要であり、これらの中にはシマフクロウ、シレトコスミレなど多くの希少種が含まれている。
    • 知床は多くのサケ科魚類、トドや鯨類などの海棲哺乳類にとって世界的に重要である。
    • 知床は世界的に希少な海鳥類の生息地として重要であるとともに、渡り鳥類にとって世界的に重要な地域である。

※なお、日本から提案していた「自然景観」は登録基準に合致しないとされた。

評価のポイント

独特の食物連鎖があり、冬に海を覆いつくす流氷とともに運ばれてくる栄養分はプランクトンを養い、海を豊かにする。それは、アザラシなどの海獣、海鳥やオオワシなど鳥類の命がつながる糧となる。回遊してきたサケはふるさとの川に遡上し、そこでの生き物の餌となり死体は土に返ってを豊かにする。これら海と山の命の循環が価値を高めている。また、シマフクロウやシレトコスミレといった絶滅危惧種や希少な動植物が分布しているほか、ヒグマやエゾシカトドやアザラシや鯨類等の大型の哺乳類が高密度で生息している。さらに、オジロワシやケイマフリなど国際的に希少な海鳥が繁殖するとともに、オオワシのような渡り鳥にとっても重要な地域になっている。このように、多様な生息環境と餌資源を提供している。

自然保護活動については、動植物の保全や生息域である森林や海、川の管理計画策定のご意見番として「知床世界自然遺産地域科学委員会」を設置、人の利用と自然の保全の両立を目指す「知床国立公園利用適正化検討会議」や「知床エコツーリズム推進協議会」などを設置し、遺産地域の管理計画を自然科学社会科学の視点から練り上げて立案している。これらが世界遺産としてふさわしい保護管理ができるとの評価が、遺産登録へと結びついた。

ソース画像を表示
ソース画像を表示

アクセス

ウトロ—羅臼間は国道334号知床峠(知床横断道路)経由により車で約30分、バスで約50分であるが[28]、冬期は通行止めとなるため国道244号根北峠経由により約2時間20分のアクセスとなる。

斜里(ウトロ)へのアクセス

バス

羅臼へのアクセス

  • 中標津空港から約1時間10分
  • 知床斜里駅から根北峠経由で約1時間40分
  • 網走駅から根北峠経由で約2時間
  • 女満別空港から根北峠経由で約2時間40分
  • たんちょう釧路空港・釧路駅から約3時間10分

バス

コメント