山形県の美景 | 日本の歴史と美景

山形県の美景

山形県の美景

最上川(もがみがわ)は、山形県を流れる一級河川最上川水系の本川

最上川(もがみがわ)は、山形県を流れる一級河川最上川水系の本川。流路延長229kmは、一つの都府県のみを流域とする河川としては日本国内最長である。流域面積は7,040km2で、山形県の面積の約75%にあたる。日本三大急流の一つである
山形県の美景

立石寺(りっしゃくじ)は、山形県山形市にある天台宗の仏教寺院

立石寺(りっしゃくじ)は、山形県山形市にある天台宗の仏教寺院。山寺(やまでら)の通称で知られ、古くは「りゅうしゃくじ」と称した。詳しくは宝珠山阿所川院立石寺(ほうじゅさんあそかわいんりっしゃくじ)と称する。本尊は薬師如来。
山形県の美景

上山城(かみのやまじょう)は、山形県上山市にあった日本の城

上山城(かみのやまじょう)は、山形県上山市にあった日本の城である。別名、月岡城。江戸時代には上山藩の藩庁が置かれた。上山市指定史跡。復興天守 - 二の丸跡には望楼型の模擬天守が建てられており、資料館として利用されている。