愛媛県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

愛媛県の自然と歴史

中国・四国エリア

石鎚神社(いしづちじんじゃ)は、愛媛県西条市にある神社

西日本最高峰石鎚山を神体山とする神社で、山麓に鎮座する本社(口之宮)、山腹の成就社(中宮)と土小屋遙拝殿、山頂の頂上社の4社の総称である。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。石鎚山総本宮と称し、宗教法人・石鎚本教の総本宮でもある。神紋は丸に石の字。
中国・四国エリア

来島海峡は、愛媛県今治市とその沖の大島との間を隔て、水域においては西の斎灘(いつきなだ)と東の燧灘(ひうちなだ)とを隔てる、瀬戸内海中部の海峡

来島海峡(くるしまかいきょう)は、潮の流れは時に10ノットに達し、鳴門海峡・関門海峡と並び、日本三大急潮に数えられる。昔より「一に来島、二に鳴門、三と下って馬関瀬戸」と唄われる海の難所として知られ、後述のように、ここを航行する際には特殊な規則が設けられている。
2021.04.26
中国・四国エリア

石手寺(いしてじ)は、愛媛県松山市にある真言宗豊山派の寺院

石手寺は、愛媛県松山市にある真言宗豊山派の寺院。本尊は薬師如来。四国八十八箇所第51番札所。遍路の元祖とされる衛門三郎の再来伝説ゆかりの寺でもある。 初詣・厄除詣の参詣者数は県内随一であり、道後温泉から近いため、遍路の他にも、観光客で賑わうことが多く、2009年3月、ミシュランガイド(観光地)日本編において1つ星に選定された。
2021.04.26
中国・四国エリア

松山城(まつやまじょう)は、愛媛県松山市にあった日本の城

松山城(まつやまじょう)は、愛媛県松山市にあった日本の城。別名 金亀城(きんきじょう)、勝山城(かつやまじょう)。各地の松山城と区別するため「伊予松山城」と呼ばれることもあるが、一般的に「松山城」は本城を指すことが多い。たびたび放火(不審...
2021.04.26
中国・四国エリア

古岩屋(ふるいわや)は、愛媛県上浮穴郡久万高原町直瀬にある岩峰が連なる名所

古岩屋(ふるいわや)は、愛媛県上浮穴郡久万高原町直瀬にある岩峰が連なる名所である。国の名勝に指定されている。四国カルスト県立自然公園に属する。 古岩屋の岩峰 概要 直瀬川の両岸に高さ60mから100mの円錐状の峰...
2021.04.26
スポンサーリンク