中国・四国エリア | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

中国・四国エリア

中国・四国エリア

鳥取城(とっとりじょう)は、鳥取県鳥取市(旧・因幡国邑美郡)に築かれた戦国時代から江戸時代の日本の城

国の史跡に指定され、別名は久松山城という。戦国時代から江戸末期にかけての城郭形態の変化を窺うことができることから「城郭の博物館」の異名を持つ。織田信長の中国攻めでは、家臣の羽柴秀吉が兵糧攻めを用いて攻略した。
中国・四国エリア

立久恵峡(たちくえきょう)は島根県出雲市の南部、神戸川(かんどがわ)上流2キロメートルに亘る峡谷

立久恵峡は出雲市駅から車で約20分のところにある渓谷です。神戸川を挟んで奇岩や柱石がそそり立ち岩肌には老木が絡む絶景です。名勝天然記念物にも指定されています。四季によりその様相を変え、春には山桜で桃色に、夏には一面の緑、秋には赤や黄で染まります。
中国・四国エリア

高梁市立吹屋小学校(たかはししりつ ふきやしょうがっこう)は岡山県高梁市成羽町吹屋にあった市立小学校

20世紀初頭に建てられた擬洋風校舎は、2003年(平成15年)に県指定重要文化財(建造物)となり、現役日本最古の小学校校舎として知られていた。閉校後の校舎は、文化財として耐震強化を含む解体修理が2015年(平成27年)に着手され、2022年春以降に資料館として開館予定である。
中国・四国エリア

御手洗(みたらい)は、瀬戸内海に浮かぶ大崎下島(広島県呉市)の港町

御手洗(みたらい)は、瀬戸内海に浮かぶ大崎下島(広島県呉市)の港町。1994年(平成6年)に重要伝統的建造物群保存地区として選定された(全国で38番目の選定)。 御手洗港の周りを広島県道355号大崎下島循環線が通り、その背後に向かって町屋が広がる。
中国・四国エリア

秋芳洞(あきよしどう)は、山口県美祢市東部、秋吉台の地下100-200mにある鍾乳洞

秋芳洞は、山口県美祢市東部、秋吉台の地下100-200mにある鍾乳洞で、約1kmの観光路をもって公開されている。鍾乳洞としては日本最大規模。洞奥の琴ヶ淵より洞口まで、約1kmにわたって地下川が流れ下っている。
中国・四国エリア

東祖谷落合(ひがしいやおちあい)は、徳島県三好市の町名

東祖谷落合(ひがしいやおちあい)は、徳島県三好市の町名。郵便番号は778-0202。国の重要伝統的建造物群保存地区に選定。近年では「天空の村」や「かかしの里」と称され、地域一帯が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。
中国・四国エリア

寒霞渓(かんかけい)は、香川県の小豆島にある渓谷

寒霞渓は、香川県の小豆島にある渓谷。国指定の名勝。星ヶ城と美しの原高原の間、範囲は東西7キロメートル、南北4キロメートルに及ぶ大渓谷で、そこに約1300万年前の火山活動により堆積した疑灰角礫岩などが、度重なる地殻変動と風雨による侵食により、断崖や奇岩群を形成している。
中国・四国エリア

石鎚神社(いしづちじんじゃ)は、愛媛県西条市にある神社

西日本最高峰石鎚山を神体山とする神社で、山麓に鎮座する本社(口之宮)、山腹の成就社(中宮)と土小屋遙拝殿、山頂の頂上社の4社の総称である。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。石鎚山総本宮と称し、宗教法人・石鎚本教の総本宮でもある。神紋は丸に石の字。
中国・四国エリア

四万十川(しまんとがわ)は、高知県の西部を流れる一級河川

四万十川(しまんとがわ)は、高知県の西部を流れる一級河川で渡川水系の本流である。全長196km、流域面積2186km2。四国内で最長の川である。本流に大規模なダムが建設されていないことから「日本最後の清流」、また柿田川・長良川とともに「日本三大清流の一つ」と呼ばれる。
中国・四国エリア

とっとり花回廊は鳥取県西伯郡南部町鶴田(一部伯耆町)にある鳥取県立の日本最大級のフラワーパーク

とっとり花回廊(とっとりはなかいろう)は鳥取県西伯郡南部町鶴田(一部伯耆町)にある鳥取県立の日本最大級のフラワーパーク。全長1kmの屋根付き回廊がある。オランダの植物園、キューケンホフ園とは姉妹園関係にある。
2021.04.26
スポンサーリンク