鳥取県の美景

鳥取県の美景

三徳山(みとくさん)は、鳥取県東伯郡三朝町にある山

三徳山(みとくさん)は、鳥取県東伯郡三朝町にある山である。標高899.6メートル。706年に役行者により修験の霊地と定められたと伝わる。山名は蔵王・子守・勝手の三所権現を山内に祀り「福徳」「智徳」「寿徳」の3つの徳が授かる山の由来と、「法身(美しい)」「般若(にごりのない)」「解脱(働きのある心)」の3つの徳に由来する
鳥取県の美景

石霞渓(せっかけい)は、鳥取県日野郡日南町に位置する渓谷

日南町生山地区周辺を中心とし、印賀川にかかる部分を北石霞渓、日野川にかかる部分を中石霞渓、石見川にかかる部分を南石霞渓と呼ぶ。北石霞渓は穏やかな流れで、淵や浅瀬が多いのに対し、南石霞渓は花崗岩を浸食した断崖が差し迫り、数多くの奇岩が見られる
鳥取県の美景

鹿野(しかの)は、鳥取県鳥取市西部にある城下町

古くから因幡国西部の中心都市で、江戸時代初頭に亀井茲矩によって鹿野城が築かれ城下町として整備された。(厳密に言えば、「鹿野城」の築城時期自体は室町時代頃までさかのぼるとされる。) その当時(約400年前)のインフラが現存している。
鳥取県の美景

宇倍神社(うべじんじゃ)は、鳥取県鳥取市国府町宮下にある神社

宇倍神社(うべじんじゃ)は、鳥取県鳥取市国府町宮下にある神社。式内社(名神大社)、因幡国一宮。旧社格は国幣中社で、現在は神社本庁の別表神社。
鳥取県の美景

不動院岩屋堂は鳥取県八頭郡若桜町にある修験道寺院の建築である。国の重要文化財

不動院岩屋堂は、鳥取県東伯郡三朝町にある三徳山三仏寺の投入堂および大分県宇佐市の龍岩寺奥院礼堂とともに、「日本三大投入堂」の一つとされる。本尊は、空海33歳の作との伝承をもつ黒皮不動明王で、目黒不動(東京都目黒区・瀧泉寺)と目赤不動(東京都文京区・南谷寺)とともに「日本三大不動明王」の一つともいわれる。
鳥取県の美景

鳥取城(とっとりじょう)は、鳥取県鳥取市(旧・因幡国邑美郡)に築かれた戦国時代から江戸時代の日本の城

鳥取城(とっとりじょう)は、鳥取県鳥取市(旧・因幡国邑美郡)に築かれた戦国時代から江戸時代の日本の城である。国の史跡に指定され、別名は久松山城という。戦国時代から江戸末期にかけての城郭形態の変化を窺うことができることから「城郭の博物館」の異名を持つ。