栃木県の美景 | 日本の歴史と美景

栃木県の美景

栃木県の美景

【恋人の聖地】足利織姫神社|日本夜景遺産にも認定された縁結びの神

ほぼ群馬の栃木県足利市に鎮座する足利織姫神社。 朱色の拝殿が映え、美しい姿を見せてくれます。縁結びの神様として崇められ、多くの参拝客が足を運ぶ人気のパワースポット。恋人の聖地でもあり、年間を通じて夜はライトアップも施される足利織姫神社をご紹介します。
栃木県の美景

中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)は栃木県日光市の日光国立公園内にある湖

中禅寺湖は、約2万年前に男体山の噴火でできた堰止湖である。人造湖を除く広さ4km2以上の湖としては、日本一標高の高い場所にある湖である。また、栃木県最大の湖である。1周は約25kmであり、歩くと9時間ほどかかる距離である。湖のすぐ北には男体山がそびえ、北西には戦場ヶ原が広がる。
栃木県の美景

華厳滝(けごんのたき、華厳の滝、華厳ノ滝)は、栃木県日光市にある滝

男体山の噴火によってせき止められた中禅寺湖からの地表を流れる、唯一の流出口大谷川に存在する。落差97mの滝を一気に流れ落ちる様子は、日本三名瀑のひとつにも数えられている。霧降の滝や裏見滝と合わせて日光三名瀑とも、湯滝や竜頭の滝と合わせて奥日光三名瀑とも言われ、日光・奥日光の三名瀑を合わせて日光五名瀑と称されることもある。