徳島県の美景 | 日本の歴史と美景

徳島県の美景

徳島県の美景

かずら橋(かずらばし)は、サルナシ(しらくちかずら)などの葛類を使って架けられた原始的な吊橋

かずら橋(かずらばし)は、サルナシ(しらくちかずら)などの葛類を使って架けられた原始的な吊橋。徳島県三好市西祖谷山村善徳にあるものが著名である。さらにその奥地、同市東祖谷菅生にも2橋架けられている。
徳島県の美景

東祖谷落合(ひがしいやおちあい)は、徳島県三好市の町名

三好市の東部に位置する山間部で、東を美馬郡つるぎ町・東祖谷菅生、北を三好郡東みよし町、南を東祖谷久保、西を東祖谷奥ノ井・西祖谷山村小祖谷にそれぞれ接する。近年では「天空の村」や「かかしの里」と称され、地域一帯が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。