山梨県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

山梨県の自然と歴史

山梨県の自然と歴史

昇仙峡は、山梨県甲府市、甲府盆地北側、荒川上流に位置する渓谷

昇仙峡は、山梨県甲府市、甲府盆地北側、荒川上流に位置する渓谷である。特別名勝に指定されており、国内有数の景勝地である。「日本五大名峡」の一つに数えられる。渓谷内には、柱状節理の花崗岩および輝石安山岩の奇岩が至る所に見られる。日本二十五勝、平成の名水百選等に選定されている
山梨県の自然と歴史

河口湖(かわぐちこ)は、本州の中部山梨県、富士山の近くに存在する、富士五湖の1つに数えられる相模川水系の湖

河口湖は、本州の中部山梨県、富士山の近くに存在する、富士五湖の1つで富士箱根伊豆国立公園に指定されている。富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点にある。面積は富士五湖では2番目の大きさで、最大水深は精進湖とほぼ同じで 14.6m の深さ。
山梨県の自然と歴史

忍野八海(おしのはっかい)とは、山梨県南都留郡忍野村にある8か所の湧泉群

忍野八海(おしのはっかい)とは、山梨県南都留郡忍野村にある8か所の湧泉群。富士山の伏流水及び杓子山から石割山にかけての山麓からの伏流水を水源とし、新富士火山の透水層の地下水及び古富士山の不透水層部より下方の透水層のうち水圧の高い地下水が湧...
2021.03.01
スポンサーリンク