千葉県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

千葉県の自然と歴史

千葉県の自然と歴史

戸定邸(とじょうてい)は、千葉県東葛飾郡松戸に水戸藩最後の藩主であった徳川昭武が造った別邸

戸定邸(とじょうてい)は、千葉県東葛飾郡松戸(現在の松戸市松戸)に水戸藩最後(11代)の藩主であった徳川昭武が造った別邸。国の重要文化財の一つであり、指定名称は旧徳川家住宅松戸戸定邸。庭園は旧徳川昭武庭園(戸定邸庭園)として国の名勝に指定されている
千葉県の自然と歴史

屏風ヶ浦(びょうぶがうら)は、千葉県銚子市から旭市までの太平洋海岸線に連なる海食崖の景勝地

屏風ヶ浦(びょうぶがうら)は、千葉県銚子市から旭市までの太平洋海岸線に連なる海食崖の景勝地である。国の名勝及び天然記念物に指定され、水郷筑波国定公園に属する。ドーバー海峡にあるホワイト・クリフに似ていることから東洋のドーバーとも称される。
千葉県の自然と歴史

加曽利貝塚(かそりかいづか)は、千葉県千葉市若葉区桜木8丁目にある縄文時代の貝塚

加曽利貝塚は、千葉県千葉市にある縄文時代の貝塚である。日本最大級の貝塚であり、学史上でも著名な標式遺跡としても知られる。1971年(昭和46年)に北貝塚が、1977年(昭和52年)に南貝塚が国の史跡に指定され、2017年(平成29年)に国の特別史跡に指定された。
2021.02.28
スポンサーリンク