滋賀県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

滋賀県の自然と歴史

滋賀県の自然と歴史

近江神宮(おうみじんぐう)は、滋賀県大津市に鎮座する神社

近江神宮は、滋賀県大津市に鎮座する神社。皇紀2600年を記念して同年に相当する1940年に創祀された。天智天皇6年(667年)に同天皇が当地に近江大津宮を営み、飛鳥から遷都した由緒に因み、紀元2600年の佳節にあたる1940年の11月7日、天智天皇を祭神として創祀された。
滋賀県の自然と歴史

石山寺(いしやまでら)は、滋賀県大津市にある東寺真言宗の寺院

石山寺は、滋賀県大津市にある東寺真言宗の寺院。山号は石光山。本尊は如意輪観世音菩薩(如意輪観音)、開山は良弁。西国三十三所観音霊場第13番札所となっている。 2015年(平成27年)4月24日、「琵琶湖とその水辺景観- 祈りと暮らしの水遺産 」の構成文化財として日本遺産に認定される
滋賀県の自然と歴史

延暦寺(正字: 延曆寺)は、滋賀県大津市坂本本町にあり、標高848mの比叡山全域を境内とする寺院

延暦寺は,標高848mの比叡山全域を境内とする寺院。比叡山、または叡山(えいざん)と呼ばれることが多い。平安京(京都)の北にあったので南都の興福寺と対に北嶺(ほくれい)とも称された。平安時代初期の僧・最澄(767年 - 822年)により開かれた日本天台宗の本山寺院である
2021.02.28
滋賀県の自然と歴史

彦根城(ひこね じょう)は、滋賀県彦根市にある城

彦根城(ひこね じょう)は、滋賀県彦根市にある城。江戸時代には彦根藩の政庁が置かれた。天守、附櫓及び多聞櫓は国宝、城跡は特別史跡かつ琵琶湖国定公園第1種特別地域である。天守が国宝指定された5城のうちの一つである(他は犬山城、松本城、姫路城...
2021.03.01
スポンサーリンク