大分県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

大分県の自然と歴史

大分県の自然と歴史

岡城(おかじょう)は、豊後国直入郡竹田(現在の大分県竹田市大字竹田)にあった日本の城

岡城は、豊後国直入郡竹田にあった日本の城(山城)である。「臥牛城」、「豊後竹田城」とも呼ばれる。岡城の築かれた天神山は標高325メートル、比高95メートル、城域は、東西2500メートル、南北362メートル、総面積は23万4千平方メートルに及んだ。
大分県の自然と歴史

小鹿田焼(おんたやき)は、大分県日田市の山あいに位置する小鹿田皿山地区で焼かれる陶器

小鹿田焼(おんたやき)は、大分県日田市の山あいに位置する小鹿田皿山地区(日田市源栄町皿山(もとえまちさらやま))で焼かれる陶器である。現在も機械を使わず手作りが続けられている。その陶芸技法が1995年(平成7年)に国の重要無形文化財に指定された。
大分県の自然と歴史

臼杵磨崖仏(うすきまがいぶつ)は、大分県臼杵市にある磨崖仏

臼杵磨崖仏(うすきまがいぶつ)は、大分県臼杵市にある磨崖仏である。一般には臼杵石仏(うすきせきぶつ)の名で知られている。1952年(昭和27年)に国の特別史跡に指定され、1995年(平成7年)には、磨崖仏として日本初、彫刻として九州初の国宝に指定された
2021.02.27
大分県の自然と歴史

別府地獄めぐり(べっぷじごくめぐり)は、大分県別府市の別府温泉に多数存在する様々な奇観を呈する自然湧出の源泉「地獄」を、定期観光バスなどで周遊する定番の観光コース

別府地獄めぐり(べっぷじごくめぐり)は、大分県別府市の別府温泉に多数存在する様々な奇観を呈する自然湧出の源泉「地獄」を、定期観光バスなどで周遊する定番の観光コースである。また、これらの地獄の総称としても使われる。海地獄、血の池地獄、白池地...
2021.02.27
スポンサーリンク