岡山県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

岡山県の自然と歴史

岡山県の自然と歴史

吉備津神社(きびつじんじゃ)は、岡山県岡山市北区吉備津にある神社

吉備津神社は、岡山市西部、備前国と備中国の境の吉備中山(標高175m)の北西麓に北面して鎮座する。吉備中山は古来神体山とされ、北東麓には備前国一宮・吉備津彦神社が鎮座する。当社と吉備津彦神社とも、主祭神に、当地を治めたとされる大吉備津彦命を祀り、命の一族を配祀する。
岡山県の自然と歴史

白石島は、岡山県笠岡市にある笠岡諸島に属する島

白石島(しらいしじま)は、岡山県笠岡市にある笠岡諸島に属する、面積2.86km2、最高点169m(立石山)、人口750人(2001年)の島で全島が国の名勝に指定されている。 笠岡港より南約12kmの瀬戸内海国立公園笠岡諸島にあり、北木島の北、高島の南に位置している。
岡山県の自然と歴史

磐窟渓(いわやけい、いわやだに)は、岡山県高梁市にある景勝地

磐窟渓(いわやけい、いわやだに)は、岡山県高梁市にある景勝地。国の名勝に指定されている(昭和6年指定)。 この磐窟渓の谷壁中腹にはダイヤモンドケーブとも呼ばれる鍾乳洞、磐窟洞があるが、現在は2010年から閉鎖しており、また周辺の遊歩道も入ることができない。
2021.02.28
岡山県の自然と歴史

後楽園(こうらくえん)は、岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園(大名庭園)

後楽園(こうらくえん)は、岡山県岡山市北区後楽園にある日本庭園(大名庭園)で、日本三名園のひとつである。 江戸時代初期に岡山藩主・池田綱政によって造営された、元禄文化を代表する庭園で、国の特別名勝に指定されている。 後...
2021.03.03
スポンサーリンク