新潟県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

新潟県の自然と歴史

新潟県の自然と歴史

佐渡金山、または佐渡金銀山は、新潟県佐渡島にある金鉱山・銀鉱山の総称

佐渡島には下表に示す4つの主要な金銀山を含む多くの鉱山が存在が確認されている。なかでも相川は規模が大きく、国の史跡や重要文化財に指定、または重要文化的景観に選定されている遺跡や景観が多く残っていることもあり、現在では佐渡における観光の拠点ともなっている。
新潟県の自然と歴史

萬代橋(ばんだいばし/よろづよばし)は、新潟県新潟市中央区の信濃川に架かる橋

萬代橋は、新潟県新潟市中央区の信濃川に架かる国道7号(重複: 国道8号、国道17号、国道113号、国道350号)の道路橋梁。国の重要文化財に指定されている。新潟市の信濃川に架橋された初めての橋で、1886年(明治19年)に初代が竣工された。
新潟県の自然と歴史

清津峡(きよつきょう)は、信濃川の支流である清津川が形成した峡谷

清津峡(きよつきょう)は、信濃川の支流である清津川が形成した峡谷。新潟県十日町市小出から湯沢町八木沢にかけての全長約12.5キロメートルをいう。1941年に国の名勝および天然記念物に指定されており、日本三大峡谷の一つとして知られる。
2021.03.01
スポンサーリンク