奈良県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

奈良県の自然と歴史

奈良県の自然と歴史

法隆寺(ほうりゅうじ)は、奈良県生駒郡斑鳩町にある仏教寺院

法隆寺は7世紀に創建され、古代寺院の姿を現在に伝える仏教施設であり、聖徳太子ゆかりの寺院である。創建は金堂薬師如来像光背銘、『上宮聖徳法王帝説』から推古天皇15年(607年)とされる。金堂、五重塔を中心とする西院伽藍と、夢殿を中心とした東院伽藍に分けられる。
奈良県の自然と歴史

奈良県の原始林・春日山原始林(かすがやまげんしりん)

春日山原始林(かすがやまげんしりん)は、奈良の景観保全上においても重要な役割を果たしており、ユネスコの世界文化遺産「古都奈良の文化財」の一要素となっている。 1998年(平成10年)12月には古都奈良の文化財の一部として世界遺産に登録された。
奈良県の自然と歴史

東大寺(とうだいじ)は、奈良県奈良市雑司町にある華厳宗大本山の寺院

東大寺(とうだいじ)は、奈良県奈良市雑司町にある華厳宗大本山の寺院。 金光明四天王護国之寺(きんこうみょうしてんのうごこくのてら)ともいい、奈良時代(8世紀)に聖武天皇が国力を尽くして建立した寺である。
2021.03.03
奈良県の自然と歴史

吉野山(よしのやま)は奈良県の中央部・吉野郡吉野町にある吉野川(紀の川)南岸から大峰山脈へと南北に続く約8キロメートルに及ぶ尾根続きの山稜の総称

吉野山(よしのやま)は奈良県の中央部・吉野郡吉野町にある吉野川(紀の川)南岸から大峰山脈へと南北に続く約8キロメートルに及ぶ尾根続きの山稜の総称、または金峯山寺を中心とした社寺が点在する地域の広域地名である。 古くから花の名所として...
2021.03.01
スポンサーリンク