長崎県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

長崎県の自然と歴史

長崎県の自然と歴史

石田城(いしだじょう)は長崎県五島市池田町にあった日本の城

石田城(いしだじょう)は長崎県五島市池田町にあった日本の城。城跡は長崎県指定史跡。城内に残る五島氏庭園は国の名勝に指定されている。福江城とも記される。 幕末の1863年に福江藩最後の藩主五島盛徳が完成させた五島氏の居城
長崎県の自然と歴史

端島(はしま)は、長崎県長崎市(旧西彼杵郡高島町)にある島

端島は、長崎県長崎市にある島である。明治時代から昭和時代にかけて海底炭鉱によって栄え、1960年代には東京以上の人口密度を有していた。しかし、1974年(昭和49年)の閉山にともなって島民が島を離れてからは、無人島である。軍艦島の通称で知られている。
長崎県の自然と歴史

大野集落(おおのしゅうらく)は、現在の長崎県長崎市の下大野町と上大野町および越首地区と辻地区を指す旧総称

大野集落(おおのしゅうらく)は、現在の長崎県長崎市の下大野町と上大野町および越首地区と辻地区を指す旧総称(江戸時代は大野郷、明治以降は大野村)で、いわゆる隠れキリシタンが切り拓いた集落の景観を保持している。集落内には重要文化財指定の大野教会堂がある。
2021.02.27
長崎県の自然と歴史

雲仙岳(うんぜんだけ)は、長崎県の島原半島中央部にそびえる火山

雲仙岳(うんぜんだけ)は、長崎県の島原半島中央部にそびえる火山である。半島西方の橘湾を中心とする千々石カルデラの外輪に位置する。広義では、火山学上の「雲仙火山」と同義で、最高峰の平成新山をはじめ、三岳(三峰)とも呼ばれる普賢岳・国見岳・妙...
2021.02.27
スポンサーリンク