長野県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

長野県の自然と歴史

長野県の自然と歴史

善光寺(ぜんこうじ)は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立仏教寺院

善光寺(ぜんこうじ)は、長野県長野市元善町にある無宗派の単立仏教寺院。住職は「大勧進貫主」と「大本願上人」の両名が務める。本尊は日本最古と伝わる一光三尊阿弥陀如来で、絶対秘仏である。善光寺は仏教史上でも、非常に珍しい寺院であり宗派に拘らずどの宗派にも属さない寺院である
長野県の自然と歴史

上高地(かみこうち)とは、長野県西部の飛騨山脈南部の梓川上流の景勝地

上高地(かみこうち)とは、長野県西部の飛騨山脈南部の梓川上流の景勝地である。中部山岳国立公園の一部ともなっており、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されている。標高約1,500m。全域が松本市に属する。
2021.02.28
長野県の自然と歴史

寝覚の床(ねざめのとこ)は、長野県木曽郡上松町にある景勝地

寝覚の床(ねざめのとこ)は、長野県木曽郡上松町にある景勝地。日本五大名峡の一つに数えられ、国の名勝にも指定されている。 木曽川と寝覚の床 概要 木曽川の水流によって花崗岩が侵食されてできた自然地形である。1923...
2021.03.01
スポンサーリンク