宮崎県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

宮崎県の自然と歴史

宮崎県の自然と歴史

関之尾滝(せきのおのたき)は、宮崎県都城市関之尾町にある滝

関之尾滝(せきのおのたき)は、宮崎県都城市関之尾町にある滝。日本の滝百選の一つ。母智丘・関之尾県立自然公園に属する。男滝は北前用水路の余水吐き、女滝は取水口で明治時代に岩を掘ってつくられたものである。
宮崎県の自然と歴史

青島は、宮崎県宮崎市の南東部海岸付近にある周囲860m、面積約4.4ha、高さ約6mの島

青島(あおしま)は、宮崎県宮崎市の南東部海岸付近にある周囲860m、面積約4.4ha、高さ約6mの島。陸繋島になりつつある。対岸は青島海岸と呼ばれ、青島海水浴場などを含む一大観光地になっている。青島と青島海岸とは弥生橋によって結ばれている。
宮崎県の自然と歴史

鵜戸神宮(うどじんぐう)は、宮崎県日南市にある神社

鵜戸神宮(うどじんぐう)は、日向灘に面した断崖の中腹、東西38m、南北29m、高さ8.5mの岩窟(海食洞)内に本殿が鎮座し、参拝するには崖にそって作られた石段を降りる必要があり、神社としては珍しい「下り宮」のかたちとなっている。
2021.03.28
宮崎県の自然と歴史

高千穂峡(たかちほきょう)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井にある五ヶ瀬川にかかる峡谷

高千穂峡(たかちほきょう)は、宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井にある五ヶ瀬川にかかる峡谷である。国の名勝、天然記念物に指定されている(五箇瀬川峡谷(高千穂峡谷))。真名井の滝、玉垂の滝、あららぎの滝などが有名である。 高千穂峡 ...
2021.02.27
スポンサーリンク