三重県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

三重県の自然と歴史

三重県の自然と歴史

国の「重要伝統的建造物群保存地区」および、旧建設省選定の「日本の道100選」のひとつ関宿

江戸時代も、東の追分からは伊勢別街道、西の追分からは大和街道が分岐する活気ある宿場町であった。東の追分から西の追分までの約1.8キロメートルにわたり、伝統的な町家が200棟以上現存するなど、町並みがよく保存され、重要伝統的建造物群保存地区(昭和59年)と日本の道100選(昭和61年)に選定されている。
三重県の自然と歴史

神社本庁の本宗(ほんそう。全ての神社の上に立つ神社)・伊勢神宮(いせじんぐう)

伊勢神宮は、三重県伊勢市にある神社。正式名称は地名を冠しない「神宮」(じんぐう)であり、他の神宮と区別するために伊勢神宮と通称される。「伊勢の神宮」、親しみを込めて「お伊勢さん」「大神宮さん」とも称される。神社本庁の本宗(ほんそう。全ての神社の上に立つ神社)である。
2021.03.28
三重県の自然と歴史

鬼ヶ城(おにがじょう)は三重県熊野市木本町にある海岸景勝地

鬼ヶ城(おにがじょう)は三重県熊野市木本町にある海岸景勝地。国の名勝(「熊野の鬼ケ城 附 獅子巖」〈くまののおにがじょう つけたり ししいわ〉)の一部である。 ユネスコの世界遺産『紀伊山地の霊場と参詣道』(2004年7月登録)の一部。また、日本百景に選定されている。
2021.02.28
三重県の自然と歴史

伊勢志摩国立公園(いせしまこくりつこうえん)は、三重県志摩半島一帯からなる国立公園

伊勢志摩国立公園(いせしまこくりつこうえん)は、三重県志摩半島一帯からなる国立公園である。1946年11月20日に指定された。リアス式海岸と温暖な気候による植生が特徴で、英虞湾、的矢湾、五ヶ所湾など深い入り江が多い。 日本の国立公園...
2021.03.01
スポンサーリンク