岩手県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

岩手県の自然と歴史

岩手県の自然と歴史

馬仙峡(ばせんきょう)は、岩手県二戸市にある景勝地

日本一大きな夫婦岩, 馬淵川中流に位置する県北有数の渓谷で、馬淵川にある仙境という意味合いで、岩手県の初代民選知事である、国分謙吉によって馬仙峡と命名された。男神岩、女神岩、大崩崖、明神ヶ淵などの名所がある。
岩手県の自然と歴史

金鶏山(きんけいざん、きんけいさん)は、岩手県西磐井郡平泉町にある山

国の史跡。2011年(平成23年)6月26日、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された。2014年3月18日には「おくのほそ道の風景地」の一つとして国の名勝に指定された(10県13か所一括指定されたうちの一つ)。
2021.03.28
岩手県の自然と歴史

中尊寺(ちゅうそんじ)は、岩手県西磐井郡平泉町にある天台宗東北大本山の寺院

境内は「中尊寺境内」として国の特別史跡に指定されている。2011年(平成23年)6月26日、「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群―」の構成資産の一つとして世界遺産に登録された。
2021.02.28
スポンサーリンク