石川県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

石川県の自然と歴史

中部エリア

東山ひがし(ひがしやまひがし)は、重要伝統的建造物群保存地区

東山ひがし(ひがしやまひがし)は、石川県金沢市の地区名。重要伝統的建造物群保存地区であり、ひがし茶屋街(ひがしちゃやがい)の名称で知られる。南北約130m、東西約180m、約1.8haで、保存地区内の建築物140のうち約3分の2が伝統的建造物
2021.04.18
中部エリア

白米千枚田(しろよねせんまいだ)は、石川県輪島市白米町の棚田

白米千枚田(しろよねせんまいだ)は、石川県輪島市白米町の棚田である。数が多いので千枚田と呼ばれるが、現地案内板には枚数1004枚と記載されている。また「狭い田」からの転という説もある。最も小さい田の面積は、0.2平方メートル程度。国の名勝に指定された。
2021.04.18
中部エリア

兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園

兼六園(けんろくえん)は、石川県金沢市に存在する日本庭園である。国の特別名勝に指定されている。広さは約11.7ヘクタール。 17世紀中期、加賀藩によって金沢城の外郭に造営された藩庭を起源とする江戸時代を代表する池泉回遊式庭園であり、...
2021.04.18
スポンサーリンク