青森県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

青森県の自然と歴史

青森県の自然と歴史

恐山(おそれざん)は、下北半島(青森県)の中央部に位置する活火山

恐山(おそれざん、おそれやま)は、下北半島(青森県)の中央部に位置する活火山である。カルデラ湖である宇曽利山湖の湖畔には、日本三大霊場の一つである恐山菩提寺が存在する。霊場内に温泉が湧き、共同浴場としても利用されている
青森県の自然と歴史

弘前城は、陸奥国鼻和郡(現・青森県弘前市下白銀町)にあった日本の城

弘前城(ひろさきじょう)は、陸奥国鼻和郡(のち統合と外浜(青森)、西浜(十三湊)を編入で津軽郡)弘前(現・青森県弘前市下白銀町)にあった日本の城である。別名・鷹岡城、高岡城。江戸時代に建造された天守や櫓などが現存し国の重要文化財に指定されている。
秋田県の自然と歴史

十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖

十和田湖は、青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。日本の湖沼としては、最大水深は326.8mで第3位、面積では12番目。東岸には、十和田湖の水が唯一流れ出る奥入瀬川があり、北東に約14kmにわたり奥入瀬渓流が延びる。約20km北には八甲田山が位置する。
2021.02.28
スポンサーリンク