秋田県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

秋田県の自然と歴史

秋田県の自然と歴史

北投石(ほくとうせき)は北投温泉で発見された鉱物

北投石(ほくとうせき、英語: hokutolite)は北投温泉で発見された鉱物で、学術的には独立種とはいえず「含鉛重晶石」と呼ばれ重晶石の亜種として扱われる。世界でも台湾台北市北投区の北投温泉と日本秋田県の玉川温泉からしか産出しない。
秋田県の自然と歴史

武家屋敷通り(ぶけやしきどおり)は秋田県仙北市角館町の道路

仙北市の正式な道路の路線名は、「市道武家屋敷通線」といい、かつての中・下級武士の侍屋敷である旧家が建ち並び、黒板塀と枝垂桜の木立が大きな特徴となっている通りである。仙北市角館町東勝楽丁 - 角館町表町上丁の0.8キロメートル区間が、日本の道100選の選定を受けている。
秋田県の自然と歴史

十和田湖(とわだこ)は、青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖

十和田湖は、青森県十和田市と秋田県鹿角郡小坂町にまたがる湖。日本の湖沼としては、最大水深は326.8mで第3位、面積では12番目。東岸には、十和田湖の水が唯一流れ出る奥入瀬川があり、北東に約14kmにわたり奥入瀬渓流が延びる。約20km北には八甲田山が位置する。
2021.02.28
スポンサーリンク