滋賀県の美景

滋賀県の美景

比叡山(ひえいざん)は、滋賀県大津市西部と京都府京都市北東部にまたがる山

比叡山(ひえいざん)は、都富士という有名な呼び名や、叡山、北嶺、天台山とも呼ばれ、滋賀県大津市西部と京都府京都市北東部にまたがる山。大津市と京都市左京区の両府県境に位置する大比叡(848.3m)と左京区に位置する四明岳(しめいがたけ、838m)の二峰から成る双耳峰の総称である
滋賀県の美景

彦根城(ひこね じょう)は、近江国犬上郡彦根(現在の滋賀県彦根市金亀町)にある城

彦根城(ひこね じょう)は、近江国犬上郡彦根(現在の滋賀県彦根市金亀町)にある城。江戸時代には彦根藩の政庁が置かれた。天守、附櫓及び多聞櫓は国宝、城跡は特別史跡かつ琵琶湖国定公園第1種特別地域である。天守が国宝指定された5城のうちの一つである(他は犬山城、松本城、姫路城、松江城)。
滋賀県の美景

長命寺(ちょうめいじ)は、滋賀県近江八幡市長命寺町にある天台宗系単立の寺院

長命寺(ちょうめいじ)は、滋賀県近江八幡市長命寺町にある天台宗系単立の寺院。山号は姨綺耶山(いきやさん)。西国三十三所第31番札所。聖徳太子の開基と伝わる。本尊は聖徳太子が刻んだとされる千手観音、十一面観音、聖観音の三尊を千手十一面聖観世音菩薩とし、秘仏となっている。
滋賀県の美景

延暦寺は、滋賀県大津市坂本本町にある、標高848mの比叡山全域を境内とする天台宗の総本山の寺院。正式には比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)

住職(貫主)は天台座主と呼ばれ、末寺を統括する。1994年(平成6年)には、古都京都の文化財の一部として、(1,200年の歴史と伝統が世界に高い評価を受け)ユネスコ世界文化遺産にも登録された。寺紋は天台宗菊輪宝。
滋賀県の美景

苗村神社(なむらじんじゃ)は、滋賀県蒲生郡竜王町にある神社

苗村神社(なむらじんじゃ)は、滋賀県蒲生郡竜王町にある神社。延喜式神名帳に長寸(なむら)神社として列座された格式高い式内社。旧社格は県社。近郷の33ヶ村にわたって氏子を有する総社。
滋賀県の美景

琵琶湖国定公園は、日本の滋賀県にある琵琶湖を中心とした国定公園

琵琶湖国定公園(びわこ こくてい こうえん、英語名:Biwako Quasi-National Park)は、日本の滋賀県にある琵琶湖を中心とした国定公園である。 1950年(昭和25年)7月24日、日本初の国定公園に指定された。 一部地域は京都府に含まれる。
2021.06.15