埼玉県の美景 | 日本の歴史と美景

埼玉県の美景

埼玉県の美景

川越(かわごえ)は、武蔵国入間郡の地名

川越(かわごえ)は、武蔵国入間郡の地名。中世には河越とも表記されたが、現在は埼玉県川越で統一されている。城下町として栄え、古くから小江戸と称された。古くからの「川越」は現在の川越市の中心部にあたり、旧町字名では「大字川越」とも呼ばれた。また現在の川越市東部にも大字川越が存在する。
埼玉県の美景

水子貝塚(みずこかいづか)は、埼玉県富士見市にある貝塚および環状集落の遺跡

水子貝塚(みずこかいづか)は、埼玉県富士見市にある貝塚および環状集落の遺跡。国の史跡に指定されており、水子貝塚公園として整備されている。武蔵野台地の新河岸川沿いの縁に位置する縄文時代前期(約5500~6000年前)の遺跡。
埼玉県の美景

国営武蔵丘陵森林公園は、埼玉県比企郡滑川町と熊谷市(北口周辺のみ)にまたがる比企北丘陵にある国営公園

国営武蔵丘陵森林公園(こくえい むさしきゅうりょうしんりんこうえん)は、埼玉県比企郡滑川町と熊谷市(北口周辺のみ)にまたがる比企北丘陵にある国営公園。国の明治百年記念事業の一環として開設された。当園は関東最大級のヤマユリの名所でもあるほか、季節に応じた花修景を実施している。