埼玉県の美景

埼玉県の美景

尾ノ内渓谷(おのうちけいこく)は、埼玉県秩父郡小鹿野町河原沢にある峡谷

埼玉県の西部に位置し、秩父郡・秩父盆地のほぼ中央に市街地を形成している小鹿野町にある渓谷で、秩父連山の両神山を源流としている。毎年1上旬から2月中旬にかけて、地元の人々の手によって作られる巨大な氷柱を、吊り橋から観ることができる。
埼玉県の美景

長瀞渓谷(ながとろ けいこく)は、日本の埼玉県秩父地方に位置する、荒川上流部の渓谷

岩畳など岩石の間を緩やかな流れ(瀞)が長く続くことから、近代以前より長瀞と呼ばれてきた。1924年(大正13年)12月9日に「長瀞」名義で国の名勝及び天然記念物に指定されている。その範囲は秩父郡長瀞町のほか、上流の皆野町内の川岸も含む。埼玉県立長瀞玉淀自然公園の一部でもある
埼玉県の美景

三峯神社(みつみねじんじゃ)は、埼玉県秩父市三峰にある神社

三峯神社(みつみねじんじゃ)は、埼玉県秩父市三峰にある神社。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。秩父神社・宝登山神社とともに秩父三社の一社。拝殿の手前には珍しい三ツ鳥居がある。狼を守護神とし、狛犬の代わりに神社各所に狼の像が鎮座している。
埼玉県の美景

川越(かわごえ)は、武蔵国入間郡の地名

川越(かわごえ)は、武蔵国入間郡の地名。中世には河越とも表記されたが、現在は埼玉県川越で統一されている。城下町として栄え、古くから小江戸と称された。古くからの「川越」は現在の川越市の中心部にあたり、旧町字名では「大字川越」とも呼ばれた。また現在の川越市東部にも大字川越が存在する。
埼玉県の美景

水子貝塚(みずこかいづか)は、埼玉県富士見市にある貝塚および環状集落の遺跡

水子貝塚(みずこかいづか)は、埼玉県富士見市にある貝塚および環状集落の遺跡。国の史跡に指定されており、水子貝塚公園として整備されている。武蔵野台地の新河岸川沿いの縁に位置する縄文時代前期(約5500~6000年前)の遺跡。
埼玉県の美景

国営武蔵丘陵森林公園は、埼玉県比企郡滑川町と熊谷市(北口周辺のみ)にまたがる比企北丘陵にある国営公園

国営武蔵丘陵森林公園(こくえい むさしきゅうりょうしんりんこうえん)は、埼玉県比企郡滑川町と熊谷市(北口周辺のみ)にまたがる比企北丘陵にある国営公園。国の明治百年記念事業の一環として開設された。当園は関東最大級のヤマユリの名所でもあるほか、季節に応じた花修景を実施している。
2021.06.15