大分県の美景 | 日本の歴史と美景

大分県の美景

大分県の美景

中津城(なかつじょう)/中津川城(なかつがわ(の)じょう)は、豊前国中津(現在の大分県中津市二ノ丁)にあった日本の城

中津城(なかつじょう)/中津川城(なかつがわ(の)じょう)は、豊前国中津(現在の大分県中津市二ノ丁)にあった日本の城。黒田孝高(如水)が築城し、細川忠興が完成させた。 大分県指定史跡。江戸時代の大半は、奥平家が居城としていた。
大分県の美景

杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区

杵築市北台南台伝統的建造物群保存地区(きつきしきただいみなみだいでんとうてきけんぞうぶつぐんほぞんちく)は、大分県杵築市にある伝統的建造物群保存地区。かつての杵築藩の城下町の武士の居住区である。2017年(平成29年)11月28日に重要伝統的建造物群保存地区として選定された。