新潟県の美景 | 日本の歴史と美景

新潟県の美景

新潟県の美景

外海府海岸(そとかいふかいがん)は、新潟県の佐渡市(佐渡島)の北部に位置する海岸

外海府海岸(そとかいふかいがん)は、新潟県の佐渡市(佐渡島)の北部に位置する海岸。両津地区の弾崎から相川地区の尖閣湾まで伸び、約50キロメートルにも及ぶ大規模なものである。佐渡海府海岸として国の名勝にも指定されている。
新潟県の美景

笹川流れ(ささがわながれ)は新潟県村上市にある海岸

山形県と境を接する新潟県最北端、村上市山北地区の鳥越山と狐崎までの延長11kmにわたる風光明媚な海岸線が笹川流れ。蒲萄(ぶどう)山地が日本海に落ち込み、浸食された海食地形で、淡桃色の砂浜と、絶壁、洞窟、奇岩が連続する海岸線は、「笹川流」として国の名勝および天然記念物に登録。
新潟県の美景

清津峡(きよつきょう)は、信濃川の支流である清津川が形成した峡谷

清津峡(きよつきょう)は、信濃川の支流である清津川が形成した峡谷。新潟県十日町市小出から湯沢町八木沢にかけての全長約12.5キロメートルをいう。1941年に国の名勝および天然記念物に指定されており、日本三大峡谷の一つとして知られる。