奈良県の美景

奈良県の美景

ユネスコの世界遺産に登録された・吉野山(よしのやま)

1924年(大正13年)12月には国の名勝・史跡に指定され、1936年(昭和11年)2月 には吉野熊野国立公園に指定された。また2004年(平成16年)7月には吉野山・高野山から熊野にかけての霊場と参詣道が『紀伊山地の霊場と参詣道』としてユネスコの世界遺産に登録された。1990年(平成2年)には日本さくら名所100選に選定された。
奈良県の美景

奈良公園(ならこうえん)は、奈良県奈良市にある都市公園である。国の名勝

奈良公園(ならこうえん)は、奈良県奈良市にある都市公園である。国の名勝。公園内には多くの国宝指定・世界遺産登録物件が点在し、年間を通じて日本国内のみならず外国からも多くの観光客が訪れ、日本を代表する観光地の一つとなっている。
奈良県の美景

寳山寺(ほうざんじ)は、奈良県生駒市門前町にある真言律宗の大本山の寺院

寳山寺(ほうざんじ)は、奈良県生駒市門前町にある真言律宗の大本山の寺院。生駒聖天(いこましょうてん)とも呼ばれる。本尊は不動明王。鎮守神として大聖歓喜天(聖天)を聖天堂(天堂)に祀っている。
奈良県の美景

宇太水分神社(うだのみくまりじんじゃ)は、奈良県宇陀市菟田野古市場にある神社

宇太水分神社(うだのみくまりじんじゃ)は、奈良県宇陀市菟田野古市場にある神社。式内社(式内大社)で、旧社格は県社。大和の東西南北に祀られた四水分神社のうち東に当たるのが当社とされる(他の3つは都祁水分神社、葛木水分神社、吉野水分神社)。
奈良県の美景

頭塔(ずとう)は、奈良市高畑町にある土製の塔

頭塔(ずとう)は、奈良市高畑町にある土製の塔。1辺30m、高さ10m、7段の階段ピラミッド状の構造をしている。奈良時代の建造で、東西南北の各面に石仏を配置する。1922年(大正11年)3月8日、国の史跡に指定された。
奈良県の美景

奥飛鳥(おくあすか)は奈良県高市郡明日香村の大字「稲渕」「栢森(かやのもり)」「入谷(にゅうだに)」の三集落周辺を指す

奥飛鳥(おくあすか)は奈良県高市郡明日香村の大字「稲渕」「栢森(かやのもり)」「入谷(にゅうだに)」の三集落周辺を指す。奈良県道15号桜井明日香吉野線沿道の飛鳥川流域に点在する農地・森林などの景観が「奥飛鳥の文化的景観」の名称で文化財保護法に基づく重要文化的景観として選定されている
2021.06.15