長崎県の美景

長崎県の美景

浅茅湾(あそうわん)は、長崎県対馬市、対馬の上島と下島の間、西側にあるリアス式海岸に囲まれた湾

初心者でも気軽に楽しめる、浅茅湾(あそうわん)でのシーカヤックでは、手つかずのまま残っている1300年前の防人(さきもり)たちが見た景色を見ることができます。対馬は、歴史ロマンの豊かさがすごすぎます。
長崎県の美景

雲仙岳(うんぜんだけ)は、長崎県の島原半島中央部にそびえる火山

現代でも火山活動が続いており、1991年5月から1996年5月に9432回の火砕流が観測された。特に1991年6月に発生した大規模火砕流では43人、1993年6月の火砕流でも1人が死亡し、慰霊活動が行われている。被災家屋は251棟、経済被害は約2300億円に達した
長崎県の美景

崇福寺(そうふくじ)は、長崎県長崎市にある黄檗宗の寺院

寛永6年(1629年) 長崎で貿易を行っていた福建省出身の華僑の人々が、福州から超然を招聘して創建。中国様式の寺院としては日本最古のものである。福建省の出身者が門信徒に多いため福州寺や支那寺と称せられた。
長崎県の美景

ハウステンボス(オランダ語: Huis Ten Bosch)は、長崎県佐世保市にあるテーマパーク

ハウステンボス(オランダ語: Huis Ten Bosch)は、長崎県佐世保市にあるテーマパーク。略称はHTBまたはテンボス。オランダの街並みを再現し、テーマはヨーロッパ全体である。東京ディズニーリゾートの1.5倍の敷地面積で、単独テーマパークとして日本最大である。
長崎県の美景

神代小路(こうじろくうじ)重要伝統的建造物群保存地区として選定されている地域の名称

神代小路(こうじろくうじ)は、長崎県雲仙市国見町にある重要伝統的建造物群保存地区として選定されている地域の名称。選定地域は南北約450メートル、東西約250メートルで面積約9.8ヘクタール。2006年(平成18年)には平成18年度都市景観大賞「美しいまちなみ大賞」を受賞した。