宮城県の美景 | 日本の歴史と美景

宮城県の美景

宮城県の美景

巨釜・半造(おおがまはんぞう)は、唐桑半島中ごろにある三陸復興国立公園の名勝

巨釜・半造(おおがまはんぞう、英: Oogama Hanzo)は、唐桑半島(宮城県気仙沼市唐桑町)中ごろにある三陸復興国立公園の名勝。巨釜の折石(おれいし)は高さ16m、幅3m。左へ移動すると幅2mと細く、右へ移動すると幅4mと太く見える。
宮城県の美景

鳴子峡(なるこきょう)は、宮城県大崎市(旧鳴子町)に位置する峡谷

鳴子峡(なるこきょう)は、宮城県大崎市(旧鳴子町)に位置する峡谷。宮城県の名勝に指定されている。仙台弁の発音特性から「なるごきょう」と呼ばれることもある。 花渕山の南山麓を荒雄川(江合川の別称。北上川水系)の支流、大谷川が侵食して形成されたもの。
宮城県の美景

白石川(しろいしがわ)の堤防上の約1,200本の桜並木

白石川(しろいしがわ)は宮城県南部を流れる一級河川で、阿武隈川水系の支流の一つである。流域の大河原町から柴田町にかけて続く、堤防上の約1,200本の桜並木は「一目千本桜」と呼ばれ、著名である。