三重県の美景 | 日本の歴史と美景

三重県の美景

三重県の美景

神島(かみしま)は伊勢湾口に位置する、周囲3.9km、面積0.76km2の島

神島(かみしま)は伊勢湾口に位置する、周囲3.9km、面積0.76km2の島で、三重県鳥羽市に属する。三島由紀夫の小説『潮騒』の舞台になったことで有名。人口は300人あまりで過疎化が進んでいる。
三重県の美景

関宿(せきじゅく、せきしゅく)は、三重県亀山市にある江戸時代における東海道の宿場

関宿(せきじゅく、せきしゅく)は、三重県亀山市にある江戸時代における東海道の宿場の呼称である。現在も、東西追分間の旧東海道沿いに、当時の宿場の古い町並みが残されている。国の「重要伝統的建造物群保存地区」および、旧建設省選定の「日本の道100選」のひとつ。