熊本県の自然と歴史 | 日本の歴史と自然の美を楽しむ

熊本県の自然と歴史

九州・沖縄エリア

鞠智城(きくちじょう/くくちのき)は、熊本県の山鹿市と菊池市にまたがる台地状の丘陵に築かれた、日本の古代山城

鞠智城は、『続日本紀』に記載された文武天皇2年(698年)の城の修復記事が初見であり、築城年は不明である。しかし、発掘調査では少なくとも7世紀後半~10世紀中頃まで約300年、存続したことが判明している。
九州・沖縄エリア

水島(みずしま)は、熊本県八代市植柳下町・水島町に位置し、球磨川河口の堤防近くにある無人島

水島は、熊本県八代市植柳下町・水島町に位置し、球磨川河口の堤防近くにある無人島。2004年10月22日、熊本県指定名勝に指定、2009年には国の名勝に指定された。 『県風土記』球磨の里に「県の乾のかた七里、海中に嶋あり。積さ七十里ばかりなり。名づけて水嶋と曰ふ」とある。
2021.04.28
九州・沖縄エリア

青井阿蘇神社(あおいあそじんじゃ)は、熊本県人吉市上青井町にある神社

青井阿蘇神社(あおいあそじんじゃ)は、熊本県人吉市上青井町にある神社。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。地元では親しみを込めて「青井さん」と称されている。 本殿など5棟の建造物は国宝に指定されている。
2021.04.28
九州・沖縄エリア

阿蘇山(あそさん)は、日本の九州中央部、熊本県阿蘇地方に位置する火山

阿蘇山は、日本の九州中央部、熊本県阿蘇地方に位置する火山。カルデラを伴う大型の複成火山であり、活火山である。 阿蘇火山は、カルデラと中央火口丘で構成され、高岳、中岳、根子岳、烏帽子岳、杵島岳が阿蘇五岳と呼ばれている。
2021.04.30
九州・沖縄エリア

熊本城(くまもとじょう)は、熊本県熊本市中央区に築かれた安土桃山時代から江戸時代の日本の城。別名「銀杏城(ぎんなんじょう)」

熊本城(くまもとじょう)は、肥後国飽田郡熊本(現在の熊本県熊本市中央区)に築かれた安土桃山時代から江戸時代の日本の城。別名「銀杏城(ぎんなんじょう)」。 加藤清正が中世城郭を取り込み改築した平山城で、加藤氏改易後は幕末まで熊本藩細川...
2021.04.30
スポンサーリンク